コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風の便り カゼノタヨリ

デジタル大辞泉の解説

かぜ‐の‐たより【風の便り】

どこからともなく伝わってくるうわさ。風聞。「風の便りに聞く」
吹く風が伝えるもの。風の使い。
「花の香を―にたぐへてぞ鶯(うぐひす)誘ふしるべにはやる」〈古今・春上〉
ふとした折。
「如何なる―にか、此の君に見え初められ参らせ給ひしより此の方」〈義経記・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かぜのたより【風の便り】

どこからともなく伝わってくる消息やうわさ。風聞。 「 -に聞く」
風が吹きおくること。風の使い。 「花の香を-にたぐへてぞ/古今 春上
ふとした機会。ちょっとした折。 「いかなりける-にか、ほのかに見きこえ給ひてけり/狭衣 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

風の便りの関連キーワード類える・比える近松秋江風の音の此の君文荷狭衣牢者風聞

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風の便りの関連情報