風の便り(読み)カゼノタヨリ

デジタル大辞泉の解説

かぜ‐の‐たより【風の便り】

どこからともなく伝わってくるうわさ。風聞。「風の便りに聞く」
吹く風が伝えるもの。風の使い。
「花の香を―にたぐへてぞ鶯(うぐひす)誘ふしるべにはやる」〈古今・春上〉
ふとした折。
「如何なる―にか、此の君に見え初められ参らせ給ひしより此の方」〈義経記・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぜのたより【風の便り】

どこからともなく伝わってくる消息やうわさ。風聞。 「 -に聞く」
風が吹きおくること。風の使い。 「花の香を-にたぐへてぞ/古今 春上
ふとした機会。ちょっとした折。 「いかなりける-にか、ほのかに見きこえ給ひてけり/狭衣 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風の便りの関連情報