風の便り(読み)カゼノタヨリ

デジタル大辞泉の解説

かぜ‐の‐たより【風の便り】

どこからともなく伝わってくるうわさ。風聞。「風の便りに聞く」
吹く風が伝えるもの。風の使い。
「花の香を―にたぐへてぞ鶯(うぐひす)誘ふしるべにはやる」〈古今・春上〉
ふとした折。
「如何なる―にか、此の君に見え初められ参らせ給ひしより此の方」〈義経記・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぜのたより【風の便り】

どこからともなく伝わってくる消息やうわさ。風聞。 「 -に聞く」
風が吹きおくること。風の使い。 「花の香を-にたぐへてぞ/古今 春上
ふとした機会。ちょっとした折。 「いかなりける-にか、ほのかに見きこえ給ひてけり/狭衣 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かぜ【風】 の 便(たよ)

① 風が伝え手となって物を吹き送ること。風が知らせてくること。また、風という使者。風の使い
※古今(905‐914)春上・一三「花の香を風のたよりにたぐへてぞ鶯さそふしるべにはやる〈紀友則〉」
② 手紙などを送るべき、わずかな機会。ちょっとしたついで。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「さりぬべきかぜのたよりある時は」
③ 風が吹き送ってきたような手紙。
(イ) どこから送られてきたとも、どこへ送るかともわからない手紙。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「ほのかにはかぜのたよりに見しかどもいづれの枝と知らずぞありける」
(ロ) わずかな手紙。とりとめのない内容の手紙。
※源氏(1001‐14頃)紅梅「花の香にさそはれぬべき身なりせばかぜのたよりをすぐさましやは」
④ どこから伝わってきたともわからないうわさ。だれが伝えたとも言えないような話。風聞
※米沢本沙石集(1283)七「田舎の事風(カセ)の便(タヨリ)もなければ、朝暮は母の事を申てぞ泣ける」
※別れた妻に送る手紙(1910)〈近松秋江〉「風の音信(タヨリ)に聞けば、お前はもう疾に嫁(かたづ)いてゐるらしくもある」
⑤ ひろく手紙をいう。
仮名草子・恨の介(1609‐17頃)上「一筆のかぜのたよりをも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風の便りの関連情報