コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逃走罪 とうそうざい

6件 の用語解説(逃走罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逃走罪
とうそうざい

法令によって拘禁機関に強制的に拘禁された者が,不法に拘禁状態から離脱するときに成立する犯罪。本罪は国家の拘禁作用を保護法益とする。刑法は単純逃走 (97条) ,加重逃走 (98条) ,被拘禁者奪取 (99条) ,逃走加担 (100,101条) の各行為を処罰するが,諸外国の立法例のなかには,被拘禁者の単純逃走は処罰しないものも多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうそう‐ざい〔タウソウ‐〕【逃走罪】

懲役禁錮拘留勾留されている者や、死刑判決を受けて拘置されている者などが逃走する罪。刑法97条が禁じ、1年以下の懲役に処せられる。単純逃走罪。→加重逃走罪
[補説]勾留状により勾留された者の逃走は本罪にあたるが、逮捕されただけの者の逃走では本罪は成立しない。海外では本罪の行為を罪に問わない国もある。また、逃走を助けた者には、被拘禁者奪取罪逃走援助罪看守者等による逃走援助罪などが適用される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

逃走罪【とうそうざい】

国家の拘禁作用から離脱し,または離脱させる罪(刑法97条以下)。前者は,既決・未決の囚人が自ら逃走したとき(1年以下の懲役),既決・未決の者または勾引(こういん)状(勾引)の執行を受けた者が拘禁場・械具を損壊し,もしくは暴行・脅迫をし,または2人以上通謀して逃走したとき(3月以上5年以下の懲役)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうそうざい【逃走罪】

いわゆる脱獄の罪のことである。刑法典はその97条以下において種々の形態の逃走罪を規定している。その保護法益は国家の拘禁作用であると解されている。 まず,既決,未決の囚人が逃走したときは1年以下の懲役に処せられる(97条)。〈既決の囚人〉とは刑の言渡しの裁判が確定し,それによって拘禁されている者で,懲役,禁錮,拘留に服役中の者のほか,死刑執行までの拘置を受けている者をも含む。〈未決の囚人〉とは,刑事裁判の確定前に勾留されている被疑者・被告人である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうそうざい【逃走罪】

国権の作用による拘禁を害することにより成立する罪。被拘禁者の逃走、他の者による逃走の幇助ほうじよや被拘禁者の奪取など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逃走罪
とうそうざい

国家による正当な拘禁を害する罪。被拘禁者自身が逃走する場合と、他人がその逃走に関与する場合があるが、具体的には五つの態様に分けられる。(1)単純逃走罪 既決・未決の囚人が逃走した場合で、1年以下の懲役(刑法97条)。(2)加重逃走罪 既決・未決の囚人または勾引(こういん)状の執行を受けた者が、逃走に際して、その手段として拘禁場もしくは拘束のための器具を損壊し、暴行もしくは脅迫をし、または2人以上で通謀した場合には刑が重くなり、3月以上5年以下の懲役(同法98条)。(3)被拘禁者奪取罪 法令により拘禁された者を奪取した場合で、3月以上5年以下の懲役(同法99条)。(4)逃走援助罪 法令により拘禁された者を逃走させる目的で器具を提供し、その他逃走を容易にすべき行為をした場合には3年以下の懲役。同じ目的で暴行または脅迫をした場合には3月以上5年以下の懲役(同法100条)。(5)看守者による逃走援助罪 法令により拘禁された者を看守・護送する者が被拘禁者を逃走させた場合で、1年以上10年以下の懲役(同法101条)。なお、逃走罪のすべてについて未遂も罰せられる(同法102条)。[大出良知]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逃走罪の関連キーワード商法誘拐罪いわゆる脱法ドラッグ特別刑法酵母臭瘙痒ヤンスキー分類(血液型)併合罪の最高刑会典diploma

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

逃走罪の関連情報