コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭志ん生(初代) ここんてい しんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古今亭志ん生(初代) ここんてい-しんしょう

1809-1857* 江戸時代後期の落語家。
文化6年生まれ。初代三遊亭円生に入門して円太と名のる。のち別派をたて古今亭新生,真生,志ん生改名。目や足の障害を克服し,名人といわれる芸域に達した。得意は「お富与三郎」「九州吹戻し」などの人情噺(ばなし)。安政3年12月26日死去。48歳。名は清吉。俳名は寿耕。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古今亭志ん生(初代)の関連キーワード落語家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android