コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭志ん生(1世) ここんていしんしょう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今亭志ん生(1世)
ここんていしんしょう[いっせい]

[生]文化6(1809)
[没]安政3(1856)
落語家。通称清吉。人情噺お富与三郎』『小猿七之助』などを得意とした。弟子は少なかったが,他門後進にも大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古今亭志ん生(1世)の関連キーワード落語家安政

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android