コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古史通 こしつう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古史通
こしつう

新井白石史論書。4巻。正徳6 (1716) 年成立。『日本書紀』の神話を史実によって考証しようとしたもの。『新井白石全集』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古史通【こしつう】

新井白石の著書(1716年)。本文4巻。巻首に読法,凡例巻末に或問(わくもん)を付ける。記紀のほか《旧事本紀》を用い,神代〜神武天皇までを研究したもの。〈神とは人也〉の見地に立つ白石は神話・伝説に対して宗教的・神秘的解釈を避け,漢字の字義にとらわれることなく,ことばの意味の理解に努めており,卓越した古代研究書となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こしつう【古史通】

新井白石の史論。4巻。1716年(享保1)成立。神代から神武天皇まで,《旧事記》《古事記》《日本書紀》などを比較検討して,そのうち義の長ずるところにより要点をかかげ,それに注釈や考証をしたもの。白石の上古の記録を読む方法は,記された文字にかかわることなく,ことばの意味や道理を尊重することである。〈神とは人也〉との見地に立ち,神話を史実として実証しようとするところに,白石の古代観の特色がある。付録に《古史通或問(わくもん)》3巻。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こしつう【古史通】

史論書。四巻。新井白石著。1716年成立。神代から神武天皇までを扱い、日本古代史の合理的研究方法を展開。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古史通
こしつう

新井白石(あらいはくせき)著の歴史書。付録の『古史通或問(わくもん)』とともに白石が仕えた6代将軍徳川家宣(いえのぶ)没後の1716年(享保1)に書かれたものであるが、その中心的部分はすでに家宣の藩邸時代に献上されている。家宣(甲府綱豊(こうふつなとよ))の命によって、『旧事紀(くじき)』『古事記』などを参照して『日本書紀』神代巻の記述について解釈を試みたものである。それはたとえば「神は人也(なり)」とするある種の合理主義的立場から出発して、高天原(たかまがはら)は常陸(ひたち)国(茨城県)の多珂(たが)郡にあるというように神話を歴史的事実として解釈するというものであった。白石は本文(全4巻)に先だつ「読法」と「凡例」のなかで、「史は実に拠(より)て事を記して世の鑑戒を示すものなり」と記しており、道徳的教訓を示すものという視点で事実を選定している。この基準から、朱子学者としての白石の君主徳治主義的な観点に見合うものが史実として選定されている。また『或問』(全3巻)は問答形式で『古史通』の記述について説明を加えている。『新井白石全集』第3巻所収。[奈倉哲三]
『尾藤正英著「新井白石の歴史思想」(『日本思想大系 35 新井白石』所収・1975・岩波書店) ▽伊豆公夫著『新版日本史学史』(1972・校倉書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の古史通の言及

【神儒一致論】より

…朱子学派ではあるが広く地誌・教育・経済の領域に業績を残した貝原益軒は神社史の考証とともに神儒併行論を主張した。新井白石は朱子学系統の学者ではあるが日本の歴史地理にも通暁し,その著書《古史通》において神代史に対し合理的解釈を展開,〈神は人なり〉の立場から,儒教的合理主義の神道観を究極まで発展させた。古学派の祖山鹿素行も広田坦斎から忌部流の神道を伝授されたと伝えているが(《配所残筆》),これが彼の武学思想における日本主義的傾向の一要因となったことは確かである。…

※「古史通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古史通の関連キーワード邪馬台国と九州読史余論旧事紀