コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古平[町] ふるびら

百科事典マイペディアの解説

古平[町]【ふるびら】

北海道古平郡の町。積丹(しゃこたん)半島の東部を占め,江戸時代から漁場として開けた。明治時代にはニシン漁で栄えたが,昭和初期以後衰微。北海道でも有数の良港の古平漁港がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふるびら【古平[町]】

北海道南西部,日本海に面する後志(しりべし)支庁古平郡の町。人口4654(1995)。積丹(しやこたん)半島北東岸に位置し,町域中央を古平川が北へ流れる。中心地浜町は江戸時代初期に古平場所が置かれた地で,早くから季節的な和人の渡来があったが,漁業集落が形成されたのは安政年間(1854‐60)以降である。明治時代はニシン漁でにぎわったが,ニシンの北上とともに衰退した。刺網漁業が行われるが,資源の減少から漁船の大型化,沖合漁業への転換が進められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

古平[町]の関連キーワードニセコ積丹小樽海岸国定公園北海道古平郡しゃこたん積丹半島

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android