コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村順三 よしむらじゅんぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉村順三
よしむらじゅんぞう

[生]1908.9.7. 東京
[没]1997.4.11. 東京
建築家。 1936年東京美術学校 (現東京芸術大学) 建築学科卒業。在学中から A.レイモンド師事。 41年吉村順三設計事務所を開設。 45年東京美術学校助教授,49年東京芸術大学助教授,62~70年同大学教授をつとめ,多くの建築家を育てる。 70年同大学名誉教授。 1956年前川国男坂倉準三とともに設計した国際文化会館で日本建築学会賞を受賞。住宅作品を中心とする活動で知られ,南平台の家 (1957) ,軽井沢の山荘 (62) ,ジャパンハウス (71) など日本のモダニズムを代表する作品を手がけた。 75年奈良国立博物館の設計で日本芸術院賞を受賞。 90年日本芸術院会員。 94年文化功労者に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉村順三

東京美術学校(現東京芸術大)卒。国際文化会館(前川国男、坂倉準三と共同設計)で日本建築学会賞。奈良国立博物館、八ケ岳高原音楽堂などを手がけ、皇居の現宮殿の基本設計を担当した。日本の伝統建築の簡素さを生かした住宅でも知られる。長く母校で後進の指導にあたった。

(2010-08-05 朝日新聞 夕刊 学芸)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

吉村順三【よしむらじゅんぞう】

建築家。東京本所の呉服商の家に生まれる。1931年東京美術学校建築科卒。在学中よりA.レーモンドの事務所に勤務。1941年吉村設計事務所設立。1945年東京芸大助教授,1962年―1970年同教授。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村順三 よしむら-じゅんぞう

1908-1997 昭和-平成時代の建築家。
明治41年9月7日生まれ。アントニン=レーモンドにまなび,昭和16年吉村順三設計事務所をひらく。37年東京芸大教授となる。31年国際文化会館(共同設計)で建築学会賞。50年奈良国立博物館で芸術院賞。平成6年文化功労者。平成9年4月11日死去。88歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに愛知県立芸大,ニューヨークのジャパンハウスなど。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よしむらじゅんぞう【吉村順三】

1908~1997) 建築家。東京都生まれ。東京芸大教授。戦後日本のモダニズムを代表する建築家として、海外で高い評価を受ける。代表作に、国際文化会館、ニューヨーク近代美術館日本館など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉村順三
よしむらじゅんぞう
(1908―1997)

建築家。東京生まれ。東京美術学校(現東京芸術大)建築学科卒業後、レイモンド建築設計事務所に勤める。渡米後1943年(昭和18)に設計事務所を開設。45年東京美術学校助教授、52年東京芸術大学教授。70年退官し名誉教授となる。初め東京のNCRビル(1963)や「浜田山の家」(1964)などの住宅作品で知られ、皇居新宮殿の基本設計(1963)にもあたる。人間味ある温かい作風で、おもな作品に愛知県立芸術大学(1971)、ニューヨークのジャパン・ハウス(1972)、奈良国立博物館新館(1973)などがある。74年日本芸術院賞を受賞。94年(平成6)文化功労者。[天田起雄]
『『吉村順三作品集』(1978・新建築社) ▽『吉村順三設計図集』(1979・新建築社) ▽吉村順三・宮脇檀著『吉村順三のディテール』(1979・彰国社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉村順三の関連キーワードレーモンド アントニン神奈川県立近代美術館茨城県近代美術館北野美術館天一美術館松村 勝男吉村 順三六角鬼丈松村勝男金壽根代表作宮脇檀

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android