コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田兼右 よしだ かねみぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田兼右 よしだ-かねみぎ

1516-1573 戦国-織豊時代の神道家。
永正(えいしょう)13年4月20日生まれ。清原宣賢(のぶかた)の次男。従兄吉田兼満の養子となり,従二位,神祇大副(じんぎのたいふ)にすすむ。大内義隆(よしたか)ら戦国大名にまねかれ神道伝授をおこない,また全国の神社との結び付きをはかるなど,吉田家の勢力拡大につとめた。元亀(げんき)4年1月10日死去。58歳。本姓卜部(うらべ)。日記に「兼右卿記」,著作に「神道大意」など。

吉田兼右 よしだ-かねすけ

よしだ-かねみぎ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田兼右
よしだかねみぎ
(1516―1573)

室町後期の神道(しんとう)家。吉田神道の大成者吉田兼倶(よしだかねとも)の子で清原(きよはら)家を継いだ宣賢(のぶかた)の次子として永正(えいしょう)13年に生まれる。吉田家の当主兼満(かねみつ)に男子がないため、13歳で吉田家を継ぐ。1525年(大永5)叙爵、神祇権少副(じんぎのごんのしょうふ)に任ぜられ、以後累進して従(じゅ)二位神祇大副に至る。また、神祇管領長上として神道界に重きをなした。とくに戦乱の世にあって山口の大内義隆(よしたか)や越前(えちぜん)の浅倉孝景(たかかげ)らの戦国大名と親交を結び、しばしばその領国に下向(げこう)して、祈祷(きとう)や神道伝授を行った。他方、在地の郷村神主(かんぬし)層にも積極的な働きかけを行い、神道裁許状(さいきょじょう)や宗源宣旨(そうげんせんじ)の付与などを通して、吉田家と地方神社との結び付きを図っている。このような活動によって、兼倶没後一時停滞していた吉田家の勢力拡大に尽力し、その子吉田兼見(かねみ)、神龍(しんりゅう)院梵舜(ぼんしゅん)とともに神祇道の宗家としての礎(いしずえ)を築いた。元亀(げんき)4年1月10日、58歳で没した。諡(おくりな)を唯神霊社という。[高橋美由紀]
『萩原龍夫著『中世祭祀組織の研究』増補版(1975・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

吉田兼右 (よしだかねすけ)

生年月日:1516年4月20日
戦国時代の神道家;公卿
1573年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の吉田兼右の言及

【兼右卿記】より

…神祇道長上卜部(吉田)家の当主,神祇大副兼右兵衛督従二位兼右(?‐1573)の日記。断簡も加えれば,1532年(天文1)10月9日から始まり,72年(元亀3)3月23日に至る長大な日記である。室町末期から戦国初期の朝廷の動向,宗教界とくに神道界の様相がわかるのみならず,兼右が赴いた伊賀,越前などの地方の様子も記されている。自筆原本が天理図書館その他に所蔵されている。【久留島 典子】…

【梵舜】より

…近世初期の神道家。吉田神道の総元,吉田兼右(かねすけ)(1516‐73)の子。兼見(かねみ)の弟。…

※「吉田兼右」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田兼右の関連キーワード饅頭屋宗二吉田兼見生年月日林宗二永正

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android