コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田玉助(3世) よしだたますけ[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田玉助(3世)
よしだたますけ[さんせい]

[生]1895.2.10. 奈良,奈良
[没]1965.2.22.
人形浄瑠璃文楽の人形遣い。本名小西奈良吉。1906年 3世吉田玉造に入門し,吉田玉小の名で堀江座に出座。一時吉田小玉を名のるが玉小に戻り,1916年 1世吉田玉幸となる。師匠と荒物遣いの名人と呼ばれた 4世吉田文三から多くを学び,当時若手花形の 2世桐竹紋十郎の相手役を数多く務め,1942年 3世吉田玉助を襲名する。1949年に文楽が二派に分裂してからは因会(ちなみかい)に所属し,1950年4月からは人形座頭に据えられ,3世吉田文五郎や 2世吉田栄三を相手に『絵本太功記』の武智光秀や『一谷嫩軍記』の熊谷直実などで,輪郭の大きな芸を披露した。1963年の文楽協会設立後も『仮名手本忠臣蔵』の大星由良助などの座頭役や,『摂州合邦辻』の合邦などの老け役を受け持ち,立役(男役)の第一人者であり続けた。決して器用ではなく,手数の多い素朴なしぐさを批判もされたが,抜群の風格を漂わせ,終戦直後の 1世吉田栄三の死から吉田玉男と 2世桐竹勘十郎の台頭までの長期間,文楽を代表する立役遣いだった。(→浄瑠璃人形浄瑠璃

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

吉田玉助(3世)の関連キーワード日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android