コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野彰 よしの あきら

1件 の用語解説(吉野彰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉野彰 よしの-あきら

1948- 昭和後期-平成時代の化学者。
昭和23年1月30日生まれ。昭和47年旭化成工業(現・旭化成)に入社。60年リチウムイオン二次電池を発明。のち旭化成のイオン二次電池事業グループ長,エレクトロニクス電池材料事業開発室室長をへて,平成15年旭化成フェロー。16年紫綬褒章。17年旭化成吉野研究室室長。23年山崎貞一賞。24年アメリカIEEE Medal for Environmental and Safety Technologies」を受賞。25年ロシアグローバルエネルギー賞。26年全米工学アカデミーからチャールズ・スターク・ドレイパー賞を授与される。大阪府出身。京大卒。著作に「リチウムイオン電池物語―日本の技術が世界でブレイク」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉野彰の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉野彰の関連情報