コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名取[市] なとり

百科事典マイペディアの解説

名取[市]【なとり】

宮城県中部,仙台市の南に接する市。1958年市制。中心の増田は奥州街道宿場町として発達。名取川河口の閖上(ゆりあげ)は漁港で,仙台城下への玄関口であった。名取川下流域は名取耕土と呼ばれる肥沃な平野で,酪農や果実・花卉(かき)栽培など近郊農業も盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なとり【名取[市]】

宮城県中部,仙台市の南に接する市。1955年増田町,閖上(ゆりあげ)町と高館,愛島(めでしま),館腰,下増田の4村が合体して名取町となり,58年市制。人口6万1993(1995)。名取平野の中心に位置し,東は仙台湾に臨み,西は高館,愛島の丘陵地をなす。早くから開けた地で,東北地方最大の前方後円墳雷神山古墳(史),経ノ塚古墳など古墳が多い。熊野堂などに中世の石碑が多数存在する。増田は江戸時代には奥州街道の宿場町であり,周辺農村の商業の中心としてにぎわった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

名取[市]の関連キーワードキモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓マラソンレース農家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android