コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周密 しゅうみつZhou Mi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周密
しゅうみつ
Zhou Mi

[生]紹定5(1232)
[没]大徳2(1298)
中国,南宋末の文学者。済南 (山東省) の人。字,公謹。号,嘯翁,草窓,四水潜夫など。景定2 (1261) 年,馬光祖の幕僚となって以来,臨安府の官を歴任し,義烏 (浙江省) の知事となったとき南宋が滅びた。以後元には仕えず湖州で文人生活をおくって終った。曾祖父の代から蓄積された膨大な蔵書による広い学識をもち,南宋の首都臨安の風俗を記した『武林旧事』 10巻をはじめ,『癸辛雑識』『斉東野語』『雲烟過眼録』など著書が多く,書画にも巧みであった。また詞では,こまやかな描写のうちに哀愁をこめた作風で名声が高く,張炎,王沂孫と並んで宋末を代表する作家であり,また南宋詞の選集『絶妙好詞』の編者としても知られる。詞集『蘋州漁笛譜』『草窓詞』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐みつ〔シウ‐〕【周密】

[名・形動]注意が隅々にまで行き届いていること。また、そのさま。「周密をきわめた計画」「周密な配慮」
[派生]しゅうみつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうみつ【周密 Zhōu Mì】

1232‐98
中国,宋末・元初の文人。字は公謹,号は草窓。浙江省呉興の出身,原籍は済南。宋末に任官したが,滅亡後は隠退して風雅の生涯を送った。歌辞文芸,の作家として有名,詞集に《蘋洲漁笛譜》《草窓詞》2巻がある。また精華集《絶妙好詞》7巻を編集。そのほか詩集《草窓韻語》6巻,随筆集《武林旧事》《斉東野語》《癸辛雑識》《浩然斎雅談》,美術批評集《雲煙過眼録》など。【村上 哲見】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうみつ【周密】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
細かな点にまで注意が行き届いているさま。 「 -なる観察から得た材料を綜合して見ると鼠賊の逸出するのには三つの行路がある/吾輩は猫である 漱石
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周密
しゅうみつ
(1232―1298)

中国、宋(そう)末元初の文人、詞人。字(あざな)は公謹、号は草窓。呉興(浙江(せっこう)省)の人。原籍は済南(山東省)。宋末に任官したが、宋の滅亡後は杭州(こうしゅう)(浙江省)に流寓(りゅうぐう)し、風雅の生涯を送った。詩文、書画に優れ、美術の鑑識で重んじられた。歌辞文芸「詞」においてことに有名で、先輩の呉文英(号夢窓)とあわせ「二窓」と称せられ、高雅幽遠な南宋文人詞を代表する。詩集は『草窓韻語』6巻。詞集は『蘋洲漁笛譜(ひんしゅうぎょてきふ)』または『草窓詞』2巻。また詞の名作を選んで『絶妙好詞』7巻を編集。ほかに美術評論『雲煙過眼録』や随筆集『武林旧事』『斉東野語(せいとうやご)』『癸辛雑識(きしんざっしき)』『浩然斎(こうぜんさい)雅談』などの著述がある。[村上哲見]
『村上哲見著『中国詩文選21 宋詞』(1973・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の周密の言及

【詞】より

…音楽に通じ,したがって韻律も精密で,後世〈詞家の正宗〉と尊重される。南宋になると,対金戦争に活躍した辛棄疾(しんきしつ)(《稼軒詞》)のような〈豪放派〉と呼ばれる詞人もいるが,姜夔(きようき)(《白石道人歌曲》),呉文英(《夢窓甲乙丙丁稿》),さらに宋末では周密(《草窓詞》),張炎(《山中白雲詞》)などが周邦彦のあとを受け,精巧で典雅な詞をひろめた。これらの詞人は北宋の文人官僚とは異なり,もっぱら詩文書画などの文事だけで世に重んじられる特殊な階層で,詞はこうした文人たちによってひたすらに洗練される。…

※「周密」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

周密の関連キーワード臭・修・収・周・囚・執・宗・就・州・愁・拾・收・洲・皺・祝・秀・秋・終・繍・繡・羞・習・聚・臭・舟・蒐・衆・袖・褶・襲・讐・蹴・輯・週・酬・醜・集・驟吾輩は猫である虎の子渡し森田思軒村上哲見橘守部夢粱録呉文英王沂孫劉邦南曲張炎南宋