コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和与状 ワヨジョウ

デジタル大辞泉の解説

わよ‐じょう〔‐ジヤウ〕【和与状】

中世、訴訟当事者間で和解が成立した場合、その条件などを記して作成した文書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

和与状【わよじょう】

中世,紛争の和解に伴って作成された文書。和与には贈与の意味もあることから,他人への無償贈与(他人和与)に伴って作成される文書も和与状と呼ばれるが,一般には紛争当事者の和解によって作成されるものをいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わよじょう【和与状】

中世において和与,すなわち無償贈与や紛争和解にともなって作成された文書をいう。ただし前者の贈与(他人和与)にともなう和与状は避文(さりぶみ)との区別がつけがたく,きわめてまれで特殊な場合であり,普通,和与状というと後者を指す。幕府訴訟法においては,訴訟途中で和解が成立すると,和与と頭書し,和与の諸条件を記し,〈仍和与之状如件〉などと書きとめる和与状が訴人論人の間で交換され,幕府はそれを担当奉行の和与状裏封と和与の裁許状によって公認する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

わよじょう【和与状】

和与に達した当事者が、その内容条件を克明に記した文書。担当奉行人の裏書をうけたのち、相互に交換されるのを常とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和与状
わよじょう

中世において和与が成立して取り交わされる契約書。和与とは和解して、提起した訴訟を取り下げることをいうが、鎌倉時代の中期以降、地頭(じとう)権の伸張に伴って荘園(しょうえん)領主と地頭との間に紛争が頻発し、その解決を求めて、しきりに幕府に訴訟が持ち込まれた。しかし、この幕府の裁判によらず両者の直接の話し合いによって解決する方法もとられた。これが和与である。訴訟進行中に行われる場合と、それに至らないで行われる場合がある。和与状は当事者双方の連署するものと、各自別々に作成して署名するものとの2種があり、幕府奉行人(ぶぎょうにん)の裏判(うらはん)を受けるのを例とした。また幕府からは和与を認可する旨の下知(げち)状の形式をとった裁許状が出された。なお和与の結集を図絵した和与絵図が描かれる場合もあった。これに対し裁許状のないものを私和与という。[奥野中彦]
『平山行三著『和与の研究』(1964・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の和与状の言及

【和与】より

…とくに鎌倉幕府の裁判では積極的に和与が奨励され,裁判手続上のどの段階でも和与することが可能であった。この場合,和与条件を列挙し,その遵守を誓約する旨を記した和与状を交換し,さらに和与に公的な効力を付与するための下知状が下付されるのが普通であった。地頭と領家の間に成立した和与の結果,いわゆる下地中分(したじちゆうぶん)などが行われた例が多い。…

※「和与状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和与状の関連キーワード下地中分古文書中世裏書裏判相互

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android