コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏封 うらふう

4件 の用語解説(裏封の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裏封
うらふう

私的文書の裏に,権力者が文書の内容を証明する文言を書き花押 (かおう) を押すこと。鎌倉時代の訴訟における和与状などに多くみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うら‐ふう【裏封】

文書の文面を公に保証するものとして裏に記す言葉や署名。また、中世の訴訟で、訴陳状の裏に記した、当事者および奉行の花押(かおう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うらふう【裏封】

中世に表面の文書に記載された内容,その使用される機能などを,その時点で現状のまま確定するために,文書裏面に書かれた文章と署名署判。たとえば訴人(原告)が幕府裁判所に訴状を提出すると,担当奉行人は訴状の裏,紙継目裏に署判し,論人(被告)に対しこの訴状が裁判所の部局を経過したものであることを明示する。また当事者の和解契約書である和与状の裏に,幕府奉行人が連署し,この和与が当事者の一方的改変を許さない公的な和与であることを確認する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うらふう【裏封】

中世の訴訟などで、私人の文書の裏に権力のある者が証明の文言や署判を書き与えること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裏封の関連キーワード確定日付裏文書額面通り指図文句族籍請求目論見書家屋番号清朝の満州語公文書奉公書ボトムライン (botom line)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone