コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏封 うらふう

4件 の用語解説(裏封の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裏封
うらふう

私的文書の裏に,権力者が文書の内容を証明する文言を書き花押 (かおう) を押すこと。鎌倉時代の訴訟における和与状などに多くみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うらふう【裏封】

中世に表面の文書に記載された内容,その使用される機能などを,その時点で現状のまま確定するために,文書裏面に書かれた文章と署名署判。たとえば訴人(原告)が幕府裁判所に訴状を提出すると,担当奉行人は訴状の裏,紙継目裏に署判し,論人(被告)に対しこの訴状が裁判所の部局を経過したものであることを明示する。また当事者の和解契約書である和与状の裏に,幕府奉行人が連署し,この和与が当事者の一方的改変を許さない公的な和与であることを確認する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone