コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐物語 からものがたり

5件 の用語解説(唐物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐物語
からものがたり

平安時代後期の説話集。権中納言藤原成範の作とみられるが不明。2巻。成立年未詳。中国の史書などにみえる著名な説話 27話を和文に改めたもの。直訳ではないが,翻訳翻案文学の初期の作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

からものがたり【唐物語】

鎌倉時代の説話集。1巻または2巻。鎌倉中期以前の成立。藤原成範(ふじわらのしげのり)著という説もあるが未詳。「史記」「漢書」「白氏文集」などの中国説話27編を日本語に翻案したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

唐物語【からものがたり】

中国の話をもとに歌物語風に翻案した説話集。1巻。27篇からなる。成立年代未詳だが,平安時代末か。作者に藤原成範をあてる説もある。説話・物語などに引用され,親しまれていた人物に関する話が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

からものがたり【唐物語】

中国の説話27編を翻訳した説話物語集。平安末期の成立。著者は藤原成範(しげのり)(1135‐87)と言われる。王朝人に親しまれた〈楊貴妃〉〈反魂香〉〈王昭君〉〈呂太后〉〈張文成〉などの故事を,漢文訓読調の直訳ではなく,情趣豊かな和文に翻訳,和歌を配して王朝物語風に仕立てたもので,教訓的口吻,仏教的色彩,伝奇への興味も見られるが,全体として主情的で,翻訳文学の先駆とされる。【上野 英二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

からものがたり【唐物語】

説話集。二巻。編者は藤原成範説があるが未詳。鎌倉初期の成立か。「白氏文集」「史記」などの中国の古典から二七話を選び、翻案したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唐物語の関連キーワード宇治大納言物語今昔物語集神婚説話説話画民間説話話本仏教説話蒙求和歌『今昔物語集』『宇治拾遺物語』

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone