問民苦使(読み)もんみんぐし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

問民苦使
もんみんぐし

奈良時代の使節天平宝字2 (758) 年に情視察のため,京畿内,東海東山北陸山陰山陽南海西海の道ごとに派遣された。五,六位の官人が任じられ,判官 (じょう) ,録事が加えられた。農民の負担の軽減,貧病者の救済などにあたったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もみくし【問民苦使】

律令制下において,地方行政を監察し,〈民のを問う〉ことを目的として派遣された臨時の使。奈良時代の天平宝字年間(758年任命)に1度,平安時代には延暦年間(795年任命),寛平年間(《類聚三代格》寛平8年(896)の官符に問山城国民苦使がみえる)に各1度派遣されたことが知られる。儒教的色彩の濃厚な制度で,唐風の諸政策を推進した藤原仲麻呂政権のもとで,おそらく中国唐の観風俗使などにをとって創設されたものと推察される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もんみんく‐し【問民苦使】

〘名〙 奈良時代から平安初期に、国司の治績状況を検察し、国民の困窮度を視察するために設けられた臨時の官。巡察使。
※続日本紀‐天平宝字二年(758)九月壬申「西海道問民苦使、〈略〉採訪民之疾苦廿九件

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の問民苦使の言及

【星】より

…星ということばは,広くは太陽と月を除く天体すなわち恒星,惑星,すい星,星団あるいは星座を指し,狭くは恒星だけを指す(ただし太陽と月も場合によっては星と呼ぶ)。 原始時代の人類にとっては,彼らがもっとも畏怖(いふ)の目で仰いだ太陽と月とが,偉大な精であることはもちろん,空の無数の目のようにきらめく星もみな精であり,ときには神でもあった。バビロニアの楔形文字の〈神〉が星の形であるのもこのことを示している。…

※「問民苦使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報