録事(読み)ロクジ

デジタル大辞泉の解説

ろく‐じ【録事】

記録・文書をつかさどる官職。書記。
公式の宴会の際に、酒などの世話をする役人。
律令制で、軍中で書記関係の仕事をつかさどる役。
旧日本陸海軍文官の一で、軍法会議構成の一員調書の作成や記録などをつかさどった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろくじ【録事】

記録のことを取り扱う役。かきやく。書記。
公式の宴会の際に酒の世話などをする役。
大宝令制による主典。軍中の雑務の監察をつかさどる。
旧陸海軍で、軍法会議を構成する判任文官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

録事の関連情報