コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善知識 ぜんちしき kalyāṇamitra

4件 の用語解説(善知識の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善知識
ぜんちしき
kalyāṇamitra

仏教用語。勝友,善親友,知識などと訳される。もとは「善い友人」の意。正法を説いて人を導き入れ,仏道に精進させて解脱させる賢人のこと。禅宗では師家を善知識と呼ぶ場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ちしき【善知識/善×智識】

《「ぜんぢしき」とも》
仏語。人々を仏の道へ誘い導く人。特に、高徳の僧のこと。真宗では門弟が法主(ほっす)を、禅宗では参学の者が師家(しけ)をいう。⇔悪知識
人を仏道へ導く機縁となるもの。
「これ―なり。しかじ、憂き世を厭ひ、まことの道に入りなん」〈平家・一〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんちしき【善知識】

知識というのは知合い,友だちの意味。善友ともいう。悪知識に対する語である。仏教ではとくに指導者をさす場合が多い。これは《摩訶止観(まかしかん)》に3種の善知識を説き,一は外護(げご)の善知識でパトロンとなるもの,二は同行(どうぎよう)の善知識で友人のこと,三は教授の善知識で指導者をさすからである。しかし日本では,この語は主として浄土教で用い,念仏講や同行の指導者をさしている。そして善知識の勧めにしたがえばかならず往生できるという信仰が生じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぜんちしき【善知識】

〘仏〙
人々を導いて仏道・悟りに導き入れる僧や友人。知識。 ↔ 悪知識
真宗で法主ほつすのこと。
僧を敬っていう語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

善知識の関連キーワードブランド知識供与体と言うのは童友達知合知合うマブ達巣立ちの歌ゆずとすだちのど飴

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone