善知識(読み)ゼンチシキ

デジタル大辞泉「善知識」の解説

ぜん‐ちしき【善知識/善×智識】

《「ぜんぢしき」とも》
仏語。人々を仏の道へ誘い導く人。特に、高徳の僧のこと。真宗では門弟が法主(ほっす)を、禅宗では参学の者が師家(しけ)をいう。⇔悪知識
人を仏道へ導く機縁となるもの。
「これ―なり。しかじ、憂き世を厭ひ、まことの道に入りなん」〈平家・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「善知識」の解説

善知識
ぜんちしき
kalyāṇamitra

仏教用語。勝友,善親友,知識などと訳される。もとは「善い友人」の正法を説いて人を導き入れ,仏道に精進させて解脱させる賢人のこと。禅宗では師家を善知識と呼ぶ場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「善知識」の解説

ぜんちしき【善知識】

知識というのは知合い,友だちの意味。善友ともいう。悪知識に対する語である。仏教ではとくに指導者をさす場合が多い。これは《摩訶止観(まかしかん)》に3種の善知識を説き,一は外護(げ)の善知識でパトロンとなるもの,二は同行(どうぎよう)の善知識で友人のこと,三は教授の善知識で指導者をさすからである。しかし日本では,この語は主として浄土教で用い,念仏講や同行の指導者をさしている。そして善知識の勧めにしたがえばかならず往生できるという信仰が生じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android