コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭炎 こうとうえん laryngitis

翻訳|laryngitis

4件 の用語解説(喉頭炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喉頭炎
こうとうえん
laryngitis

喉頭に起る急性または慢性の炎症。喉頭の上方につながる咽頭の炎症に続発する場合と,刺激や無理な発声によって単独に起る場合とがある。嗄声 (させい) を伴うことが多く,咳や咽頭痛 (のどの奥の痛み) ,異物感などが主要な症状である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐えん【喉頭炎】

喉頭の炎症。しわがれ声・のどの痛み・異物感・せきなどの症状がある。喉頭カタル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうとうえん【喉頭炎】

喉頭の炎症。咳せき・刺激感・しわがれ声・痰たんなどの症状が出る。喉頭カタル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喉頭炎
こうとうえん

喉頭の炎症で、経過から急性と慢性に大きく分けられる。どちらも嗄声(させい)(しわがれ声)が主症状であるが、急性喉頭炎ではのどの痛みや発熱を伴う。[河村正三]

急性喉頭炎

かぜ症候群の部分症状としておこることが多く、ウイルスや細菌感染により発症し、急性鼻炎や急性咽頭(いんとう)炎を合併していることが多い。声を過度に使用するといった物理的刺激、スモッグといった化学的刺激でおこることもある。急性喉頭炎の大部分は安静と沈黙(声の静養)、適切な抗生剤使用などにより1週間くらいで治癒し、声は元の状態に戻る。ときにはもっと急激な症状をおこすものがある。急性声門下喉頭炎(仮性クループ)は5歳以下の乳幼児におこり、発症は急激で呼吸困難、イヌの遠ぼえのような喘鳴(ぜんめい)があるが、全身症状は軽度である。同じような症状があり、しかも発熱などの症状の強いものに急性喉頭気管支炎がある。急性喉頭蓋(がい)炎は幼児や老人に多く、高度の細菌感染で疼痛(とうつう)が強く、発熱も高度で呼吸困難もみられ、幼児では急死することもある危険な疾患である。[河村正三]

慢性喉頭炎

しわがれ声が主症状で、軽い咳(せき)、のどの乾燥感や不快感を伴うことが多い。喫煙、スモッグ、声の酷使などによる刺激が長期間続いたことに起因することが多い。大部分の例では声帯の腫脹(しゅちょう)や浮腫などを認めるのみであるが、ときには結節やポリープを生じてくることもある。このような場合には手術的切除が必要なことが多い。老人では粘膜が萎縮(いしゅく)してくる型のものもある。慢性喉頭炎と症状が似ているものに喉頭癌(がん)の初期の例があるので、2週間以上もしわがれ声が続くときには専門医による精密検査を受けたほうがよい。慢性喉頭炎の治療でもっとも重要なことは、原因となっている刺激の除去である。[河村正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喉頭炎の関連キーワード甲状腺炎喉頭音喉頭蓋喉頭癌喉頭鏡咽喉口峡炎喉頭結核喉頭結節急性喉頭炎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喉頭炎の関連情報