コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営む イトナム

デジタル大辞泉の解説

いとな・む【営む】

[動マ五(四)]《形容詞「いとなし」の動詞化》
忙しく物事をする。怠ることなく励む。「社会生活を―・む」
生活のための仕事をする。経営する。「旅館を―・む」
神事・仏事などを行う。「法要を―・む」
準備する。用意する。
「食ひ物、下人どもにも―・ませず、夫婦手づから自らして召させけり」〈宇治拾遺・一五〉
[可能]いとなめる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとなむ【営む】

( 動五[四] )
〔形容詞「暇いと無し」の動詞化。休みなく努める、の意〕
(ある物を成り立たせるために)怠らずに行う。経営する。 「家庭を-・む」 「事業を-・む」 「呉服屋を-・む」
神事・仏事を行う。 「法要を-・む」
(儀式・行事などの)支度をする。準備をする。 「晦日つごもりになりぬれば、世の中物騒がしう-・む頃なるに/栄花 鳥辺野
造る。 「(水車ヲ)数日に-・み出だして/徒然 51
[可能] いとなめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

営むの関連キーワード持ち合い所帯・持ち合い世帯・持合い所帯・持合い世帯宅地建物取引業者関雎の楽しみラビーちゃん持合い世帯広告代理店公衆道徳保険会社社会正義漁船漁業信託会社最低限度貸金業者湖水浦近能勢頼保独立自営社会生活組合契約入仏供養許可漁業

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

営むの関連情報