コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊ばす アスバス

デジタル大辞泉の解説

あすば・す【遊ばす】

[動サ四]《「あそばす」の音変化》
する」の尊敬語。なさる。
「お孫さまが痘瘡(おやく)を―・したさうでございますね」〈滑・浮世風呂・三〉
(補助動詞)動詞の連用形に接頭語「お」の付いた形に付いて、尊敬の意を添える。…なさる。
「是をお浴び―・してお上り―・せ」〈滑・浮世風呂・二〉
[補説]多く女性が使う。

あそば・す【遊ばす】

[動サ五(四)]
《動詞「あそぶ」の未然形+使役の助動詞「す」から》
遊ぶようにする。遊びをさせる。遊ばせる。「子供を公園で―・す」
人材・場所・道具などを活用しないままでおく。「不況で機械を―・している」「―・してある土地」
《動詞「あそぶ」の未然形+尊敬の助動詞「す」から》
する」の尊敬語。「いかが―・しましたか」
遊猟・音楽・詩歌など、遊芸をする意の尊敬語。
㋐音楽をなさる。楽器を演奏なさる。
「昔の殿上人は…御箏、御琵琶など常に弾きなどしつつ―・しけるに」〈今昔・一九・一七〉
㋑詩歌をお詠みになる。
「和歌も―・しけるにこそ」〈大鏡・良房〉
㋒字や文をお書きになる。
「御書―・いて賜(た)うだりけり」〈平家・六〉
補助動詞)「お…あそばす」「ご(御)…あそばす」の形で用いて、尊敬の意を表す。「お読み―・せ」「御免―・せ」「いろいろ御苦労―・すそうで」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あすばす【遊ばす】

( 動四 )
〔「あそばす」の転〕
「する」の尊敬語。なさる。 「お頭痛が-・すとか云つて/滑稽本・浮世床
(補助動詞) 動詞の連用形に接頭語「お(御)」の付いた形に付いて、その動作をする人に対する尊敬の意を表す。 「お寄合・参会がございましても、一番にお帰り-・すし/滑稽本・浮世風呂 2

あそばす【遊ばす】

( 動五[四] )
遊ぶようにさせる。遊ばせる。 「子供を外で-・す」
人や道具などの機能を活用せずにおく。あそばせる。 「余剰人員を-・しておくわけにはいかない」 「機械を-・しておく」
が一語化したもの〕 「する」の尊敬語。主に女性が用いる。 「いかが-・しますか」 「ピアノのお稽古を-・していらっしゃいます」
(補助動詞) 〔中世後期以降の用法〕 動詞の連用形または名詞に「お」「ご」を添えたものの下に付いて、「なさる」よりさらに尊敬の意の高い言い方とする。主に女性が用いる。 「お帰り-・しませ」 「御免-・せ」 「ご結婚-・すそうで」
( 連語 )
〔動詞「あそぶ」の未然形に、上代の尊敬の助動詞「す」の付いたもの〕 狩猟・音楽などをして、お遊びになる。 「冬の朝は刺し柳根張り梓を大御手に取らしたまひて-・しし我が大君を/万葉集 3324

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遊ばすの関連キーワード大和言葉・大和詞聊か・些か掻き合せる御座します糾明・糺明見す・看す御・阿・於御執・御弓おぼめく大和言葉長・永滑稽本折返す未然形さえ胴欲皮笛長掛照臨

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遊ばすの関連情報