コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

致す イタス

2件 の用語解説(致すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いた・す【致す】

[動サ五(四)]《「いたる」に対して「いたらせる」の意。敬語として用いられるのは中世以降》
届くようにする。至らせる。「遠い祖国に思いを―・す」
そのことがもとで、ある結果、特によくない結果を引き起こす。ある状態に立ち至らせる。「私の不明の―・すところ」
全力で事を行う。心を尽くす。

㋐「する」の謙譲語。自己側の動作を低めて言ったり、改まった気持ちで言ったりすることで聞き手に対する敬意を表す。多く「いたします」の形で用いる。「努力を―・す所存です」「御指示どおりに―・します」「私から話を―・します」
㋑「する」の丁寧語。多く「いたします」の形で用いる。「いい香りが―・します」「あと数分―・しますと重大発表が行われます」
㋒「する」の尊大な言い方。話し手が相手の行為について、自分を高い位置に置いて言う。「何を―・しておる。早く―・せ」「無用の殺生を―・すでないぞ」
命を差し出す。身をささげる。
(補助動詞)動詞の連用形やこれに「お」を付けた形、または、漢語サ変動詞の語幹やこれに「御(ご)」を付けた形などに付く。
㋐補助動詞「する」の謙譲語・丁寧語。多く「いたします」の形で用いる。「お静かにお願い―・します」「御一緒―・しましょう」
㋑補助動詞「する」の尊大な言い方。「即刻、返答―・せ」
[補説]平安時代は、主として漢文訓読に用いられた。
[下接句]思いを致す心を致す仕(し)を致す・死を致す・信を致す蒼蠅(そうよう)驥尾(きび)に付して千里を致す
「遠く京師を離れていたので、玄機がために力を―・すことができなかった」〈鴎外魚玄機
「勢の良い扇の音が、はたはたと―・しますと」〈芥川邪宗門
「危ふきを見て命を―・す処、兼ねて思ひ定め候ひけるかに依りて」〈太平記・二六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いたす【致す】

( 動五[四] )
そこまで達するようにする。至らせる。
心などをある方面に向けて届かせる。 「ふるさとに思いを-・す」 「健康に心を-・して励む」
あることが原因となってよくない結果を引き起こす。 「これは私の不徳の-・すところです」
身や命をささげる。差し出す。 「危きを見て,命を-・す処々/太平記 26」 〔「いたる」の他動詞〕
動詞「する」の待遇表現。
「する」の謙譲語。動作者を低めることで聞き手を敬う。多く下に「ます」を付けて用いる。 「準備は一切こちらで-・します」 「間もなく係の者が御案内を-・します」 「今後とも努力を-・す所存であります」
「する」の丁寧語。多く下に「ます」を付けて用いる。 「船はまさに岸壁を離れようと-・しておりました」 「メロンは,一個四,五千円も-・します」 「あと一〇分-・しますと,京都に着きます」
「する」の尊大語。上位者が下位者の行為について,下位者を低めて言う。 「時間がない。早く-・せ」 「これ邪魔を-・すな」
(補助動詞) 和語の動詞の連用形やこれに「お」を添えたもの,漢語サ変動詞の語幹やこれに「御」を添えたものに付いて,補助動詞「する」の敬語として用いる。
補助動詞「する」の謙譲語・丁寧語。多くは下に「ます」を付けて用いる。 「お荷物をお持ち-・しましょう」 「大事な壺つぼを壊しでも-・しますと大変ですから…」
補助動詞「する」の尊大語。 「早く案内-・せ」 「訴えるなり何なり-・すがよい」
[可能] いたせる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

致すの関連キーワード俯す合す被す食わす飲ます秘す買足すさ・す任す

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

致すの関連情報