コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華会 ほっけえ

6件 の用語解説(法華会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華会
ほっけえ

法華経』を講義する法会。聖徳太子が岡本宮で講説したことに始るといわれ,竪義 (りゅうぎ) という解釈問答を行うのが特徴であった。天平 18 (746) 年良弁の奏により東大寺で行われて以来,延宝8 (1680) 年にいたるまで勅会として毎年行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほっけ‐え〔‐ヱ〕【法華会】

法華経を講説する法会。法華八講法華十講などがある。東大寺興福寺のものや比叡山延暦寺霜月会などが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

法華会【ほっけえ】

法華経》を読誦(どくじゅ)し,その功徳(くどく)をたたえる法会。606年聖徳太子が講じたのが初例とされる。以後,諸寺で行われるが,東大寺,興福寺広隆寺の法華会が代表的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほっけえ【法華会】

《法華経》の講讃が行われる法会。日本では606年(推古14)聖徳太子が岡本宮で講じたのを初例とし,746年(天平18)東大寺羂索院で聖武天皇・同皇后のため良弁(ろうべん)らが催してより勅会となり,毎年3月16日を恒例の日とした。興福寺では817年(弘仁8)藤原冬嗣が父内麻呂追善のため南円堂ではじめて修し,後三条天皇の御願寺である円宗寺では1072年(延久4)に始まり,勅会のなかでも規模が大きく荘厳華麗を極めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほっけえ【法華会】

法華経を講説する法会。法華八講・法華十講など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法華会
ほっけえ

『法華経(ほけきょう)』を講賛する法会。606年(推古天皇14)に聖徳太子が岡本宮で当経を講じたのが最初といわれ、以後教理の研究とともに護国三部経の一つとして重視され、さらに観音(かんのん)信仰と並行して流布するに至った。746年(天平18)3月には良弁(ろうべん)により四恩のために東大寺羂索(けんじゃく)堂で創始された当法会は、平安時代中期に講堂に移されて開講されたが、南都諸大寺の学僧を請(しょう)じて研学竪義(りゅうぎ)を設けた大会であった。また817年(弘仁8)に藤原冬嗣(ふゆつぐ)が父内麿(うちまろ)の菩提(ぼだい)を祈って興福寺南円堂で9月末日から7か月間法華会を行い、藤原氏北家一門の隆盛を祈願し、興福寺の屈指の大会となったし、833年(天長10)8月には大安寺においても勅会(ちょくえ)として行われるに至った。後三条(ごさんじょう)天皇の御願寺(ごがんじ)である円宗(えんしゅう)寺では1072年(延久4)に創始され、のち天台宗三会(北京(ほっきょう)三会)の一つに数えられ、僧綱補任(そうごうぶにん)への階梯(かいてい)となった。延暦(えんりゃく)寺においては、ことに『法華経』との関係が密接であったから、最澄(さいちょう)の命日にあたる6月に法華会を修してその菩提を祈り、世に六月会と称せられたし、967年(康保4)には座主良源(ざすりょうげん)によって、宗祖天台大師慧恩(えおん)のために法華大会が行われ、世に霜月会(しもつきえ)と称せられ、学僧育成のための竪義の制が設けられた。そのほかに空海の菩提を追修して洛西高雄(らくせいたかお)の神護(じんご)寺にも行われたことが『三宝絵詞(さんぼうえことば)』によって判明する。これらの法華会は宗祖や先祖の功績をしのび『法華経』を所依(しょえ)として学僧育成のために設けられた法会であったのに対して、『法華経』8巻を8人・8座で講賛し、故人の菩提を祈る法華八講と称する仏会がある。796年(延暦15)に大安寺勤操(ごんそう)が同朋(どうぼう)7人とともに亡友栄好(えいこう)の母のために平城左京東山の石淵(いわぶち)寺で菩提を追修したのに始まるという。この石淵寺八講はのち東大寺天地院、笠置(かさぎ)寺などにも伝わり、流布したことが『玉葉(ぎょくよう)』などでも判明する。[堀池春峰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の法華会の言及

【法会】より

…日本では598年(推古6)4月に聖徳太子が,諸王・豪族を集めて法華・勝鬘(しようまん)の2経の講義を行ったことが知られ,仏教の興隆流布とともに各種の法会が催された。経論の主旨を究明しようとした維摩(ゆいま)会最勝会,唯識会,俱舎(くしや)会,華厳会,法華会をはじめ,国家の安泰を祈る仁王(にんのう)会,大般若会や,釈迦の入滅を追慕し報恩の意を表す涅槃(ねはん)会は,やがて一宗一寺の祖師信仰と結びついて,祖師の御影(みえ)像や堂を造って忌日に法事を行うにいたった。中世には祖先の追善冥福を祈る法会も一般化し,ときに斎(とき)(食事)の席を設けるなどして今日に至っている。…

※「法華会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法華会の関連キーワード南無妙法蓮華経法華懺法法会五巻の日五日十座菩提講法華梵網会万灯会講讃

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone