コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四十曲峠 しじゅうまがりとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四十曲峠
しじゅうまがりとうげ

鳥取県南西部,日野町と岡山県新庄村との県境にある峠。標高 770m。出雲街道上にあり,現在は米子津山を結ぶ国道 181号線が四十曲トンネルで越える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しじゅうまがりとうげ【四十曲峠】

鳥取県南西部,日野郡日野町と岡山県真庭郡新庄村との県境にある峠。標高770m。著しい屈曲があったので四十曲の名がついた。峠越えの道は,かつて出雲街道あるいは作州街道とよばれ,伯耆(ほうき)・出雲地方と山陽側をつなぐ主要な街道であった。米子と津山を結ぶ現在の国道181号線は四十曲トンネルで越える。峠付近の山間地は,近世に砂鉄を採取するのに鉄穴流(かんなながし)の方法が盛んに行われたところである。【豊島 吉則】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県(岡山県)〕四十曲峠(しじゅうまがりとうげ)


鳥取・岡山県境、中国(ちゅうごく)山地の毛無(けなし)山南方にある峠。標高約770m。日野(ひの)川上流と旭(あさひ)川支流新庄(しんじょう)川の谷を結ぶ。山陰(さんいん)地方と上方を結ぶ出雲(いずも)街道の要地で、おもに海産物輸送に利用された。現在、国道181号がトンネルで通過する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四十曲峠
しじゅうまがりとうげ

鳥取県日野(ひの)郡日野町根雨(ねう)と岡山県真庭(まにわ)郡新庄(しんじょう)村を結ぶ県境の峠で、標高770メートル。近世には松江藩から上方(かみがた)への出雲(いずも)街道に沿い、峠下の板井原宿(いたいばらしゅく)には江戸末期、駅馬14匹と番所を置き、付近にはたたら地域には珍しく木地師(きじし)も居住した。宿場の水路や町並み、県文化財内藤家住宅、道標の地蔵などが残る。旧道は、中海(なかうみ)新産業都市の中核米子(よなご)市と阪神を結ぶ国道181号に改修された。旧峠には石畳が残る。[岩永 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四十曲峠の関連キーワード新庄(村)山地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android