コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四民平等 シミンビョウドウ

5件 の用語解説(四民平等の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しみん‐びょうどう〔‐ビヤウドウ〕【四民平等】

明治初期、維新政府が江戸時代士農工商の身分制を廃止したときのスローガン、あるいはそのための一連の政策。これによって身分をこえた婚姻や職業・居住の自由などが認められた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

四民平等【しみんびょうどう】

明治政府の開明性を主張するスローガン。従来の士農工商の身分差別を廃し,1870年平民の苗字(みょうじ)許可,1871年平民と華族士族間との通婚を許し,1872年学制を制定して国民皆学を布告し,職業や移転の自由を認めるなど,封建的身分制による差別を廃し,国民すべてが平等であるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しみんびょうどう【四民平等】

明治維新期,従来の士農工商などの封建的身分制を廃した政策。しかしこれで身分制はなくならず,華族士族平民に再編成され,被差別部落民も残存された。その過程は,1869年(明治2)6月版籍奉還にさいし公卿・諸侯(旧藩主)を華族に,平士以上の藩士などを士族としたことに始まる。69年12月同心など下士層を卒族としたが,72年1月卒族は廃され,郷士などの世襲のものは士族に,他は平民となった。一方,農工商三民は平民とされたが,平民の称は1870年9月〈自今平民苗字被差許〉との布告が初出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しみんびょうどう【四民平等】

明治維新の改革における身分制廃止のスローガン。1869年(明治2)農工商を平民、71年穢多えた・非人の称を廃止し「平民と同様たるべき事」としたが、華族・士族・平民の呼称のもとに身分秩序が再編成され、被差別民の差別は残存された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四民平等
しみんびょうどう

明治維新後、中央集権国家形成のため、旧来の士農工商(四民)の封建的身分制度が、新政府によって廃止されたこと。1870年(明治3)農民や町人が姓(苗字(みょうじ))を名のることを許され、また翌年、穢多(えた)・非人などの差別的呼称と身分を廃止して被差別民を「解放」するなどの措置がとられたのち、公卿(くぎょう)と諸藩藩主を華族、武士を士族、農工商三民を平民という呼称に改め、居住・職業・結婚などの自由も、華・士族、平民間で認められ、原則として、国民はすべて平等に扱われることになった。しかしこの四民平等の措置は、現実には国民の間の身分差別を解消しなかったうえ、実質的には、国家権力の確立の過程で、天皇を頂点とする新たな国民支配のための身分秩序の再編を意味する結果になった。[石塚裕道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四民平等の関連情報