コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図書館法 としょかんほう

4件 の用語解説(図書館法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図書館法
としょかんほう

昭和 25年法律 118号。図書館社会教育機関と定めた社会教育法の精神に基づき,その健全な発達をはかることにより国民の教育,文化の発展に寄与することを目的として制定された法律。地方公共団体が設立する公立図書館日本赤十字社または公益法人が設立する私立図書館の設置,運営上に必要な事項,司書・司書補の資格などについて定めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

としょかん‐ほう〔トシヨクワンハフ〕【図書館法】

図書館の設置・職員・運営などについて定めている法律。昭和25年(1950)施行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

図書館法【としょかんほう】

公共図書館に関する法律(1950年)。奉仕内容,司書の資格を定め,公立図書館については条例による設置,図書館協議会,無料公開の原則,国庫補助等を,私立図書館については国・地方公共団体の無援助・無統制の原則を規定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

としょかんほう【図書館法】

社会教育法の精神に基づき、図書館の設置と運営に関する事項を定めた法律。1950年(昭和25)制定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館法の関連キーワード巡回図書館帝国図書館国際子ども図書館中央市立図書館唐津市近代図書館岐阜県図書館有山崧岡田健蔵田中敬舟木重彦

図書館法の関連情報