図書館法(読み)としょかんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図書館法
としょかんほう

昭和 25年法律 118号。図書館を社会教育機関と定めた社会教育法精神に基づき,その健全な発達をはかることにより国民の教育,文化の発展に寄与することを目的として制定された法律。地方公共団体が設立する公立図書館日本赤十字社または公益法人が設立する私立図書館設置運営上に必要な事項司書司書補の資格などについて定めている。なお,国立国会図書館について,国立国会図書館法 (昭和 23年法律5号) ,学校に付属する図書館については,学校図書館法 (昭和 28年法律 185号) が定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

としょかん‐ほう〔トシヨクワンハフ〕【図書館法】

図書館の設置・職員・運営などについて定めている法律。昭和25年(1950)施行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

としょかんほう【図書館法】

社会教育法の精神に基づき、図書館の設置と運営に関する事項を定めた法律。1950年(昭和25)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

としょかん‐ほう トショクヮンハフ【図書館法】

〘名〙 公立および私立の図書館の設置・運営に関し必要な事項を定め、その健全な発達を図ることを目的とした法律。昭和二五年(一九五〇)制定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図書館法の関連情報