コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図書館法 としょかんほう

4件 の用語解説(図書館法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

図書館法
としょかんほう

昭和 25年法律 118号。図書館社会教育機関と定めた社会教育法の精神に基づき,その健全な発達をはかることにより国民の教育,文化の発展に寄与することを目的として制定された法律。地方公共団体が設立する公立図書館日本赤十字社または公益法人が設立する私立図書館の設置,運営上に必要な事項,司書・司書補の資格などについて定めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

図書館法【としょかんほう】

公共図書館に関する法律(1950年)。奉仕内容,司書の資格を定め,公立図書館については条例による設置,図書館協議会,無料公開の原則,国庫補助等を,私立図書館については国・地方公共団体の無援助・無統制の原則を規定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

図書館法の関連キーワードコメ余り私大定員の是正強化バンタム級ウンウンオクチウム那珂(市)矢祭(町)国際移住機関IOMマリンレジャープロボクシングの階級

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

図書館法の関連情報