コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固有運動[恒星] こゆううんどう[こうせい]proper motion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固有運動[恒星]
こゆううんどう[こうせい]
proper motion

恒星は天球上に固定して星座の形は変化しないように見えるが,実はきわめてわずかずつ恒星も位置を変えている。これを恒星の固有運動という。厳密には地球上からの観測から光行差視差歳差章動などのすべての影響を除いた恒星の真の位置の永年変化をいい,角速度で表わす。その量はきわめて小さいので,1718年 E.ハレーが,アルクトゥールス,シリウス,アルデバランの観測結果を古代のプトレマイオス星表と比較して求めたものが最初。固有運動の確認された星を固有運動星ということがある。固有運動が最大の星はバーナード星で,これはケンタウルスα星に次ぐ近距離 (約6光年) にあって,その運動は年間約 10.31″,次がカプタイン星の 8.89″である。固有運動の大きな星は太陽から比較的近くにあるものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android