コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分寺市(読み)こくぶんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国分寺〔市〕
こくぶんじ

東京都中央部,武蔵野台地上にある市。 1964年市制。奈良時代武蔵国分寺がおかれ,地名の由来となった。かつては畑作養蚕を行う農村地帯であったが,第2次世界大戦後,住宅都市として急速に発展,人口も急増。武蔵国分寺跡 (史跡) ,東京経済大学,鉄道総合技術研究所,日立製作所の研究施設などがある。 JR中央線が東西に通り,西国分寺駅で武蔵野線が交差。国分寺駅から西武鉄道多摩湖線,国分寺線が分岐する。面積 11.46km2。人口 12万2742(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国分寺市の関連情報