コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵国分寺跡 むさしこくぶんじあと

2件 の用語解説(武蔵国分寺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武蔵国分寺跡
むさしこくぶんじあと

東京都国分寺市にある武蔵国の国分寺跡。塔,金堂,講堂,僧房,経蔵,鐘楼などの堂塔跡が発掘された。伽藍配置は,南に東西両塔があり,この両塔を結ぶ線の中心で直角に交わる線上に,中門,金堂,講堂の順に北に並ぶいわゆる東大寺様式をとっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

むさしこくぶんじあと【武蔵国分寺跡】


東京都国分寺市西元町・東元町にある国分寺跡。指定名称は「武蔵国分寺跡東山道武蔵路跡(つけたりとうさんどうむさしみちあと)」。古多摩川によって形成された武蔵野および立川の両段丘上にまたがって所在。741年(天平13)の国分寺・尼寺創建の詔(みことのり)に基づいて諸国に設置されたものの一つで、その変遷は創建期(8世紀代)・整備拡充期(9世紀代、七重塔再建)・衰退期(10世紀代から11世紀代)の3期に分けられる。1956年(昭和31)以降実施された発掘調査の結果、東西8町(872m)、南北5町(545m)の寺地が判明し、その中央北寄りの寺域および南西隅の尼寺地域の配置や東山道などが確認された。1922年(大正11)に「東山道武蔵路跡」を附として国の史跡に指定され、2006年(平成18)には寺域を画する築地の部分と尼寺の伽藍(がらん)の一部が追加指定された。国分寺境内にある武蔵国分寺跡資料館に出土した古瓦や土器、国分寺の復元模型などを展示。JR中央本線ほか国分寺駅から徒歩約18分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武蔵国分寺跡の関連情報