コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武蔵国分寺跡 むさしこくぶんじあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武蔵国分寺跡
むさしこくぶんじあと

東京都国分寺市にある武蔵国国分寺跡。塔,金堂講堂僧房経蔵鐘楼などの堂塔跡が発掘された。伽藍配置は,南に東西両塔があり,この両塔を結ぶ線の中心で直角に交わる線上に,中門,金堂,講堂の順に北に並ぶいわゆる東大寺様式をとっている。この郭外に僧房,経蔵,鐘楼があった。また出土瓦のうちには,武蔵国の郡名,郷名あるいは人名などを記したものが多くみられる。さらに付近から国分寺の瓦を焼いた窯跡も発掘された。中門跡の西約 400mのところに国分尼寺跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

むさしこくぶんじあと【武蔵国分寺跡】


東京都国分寺市西元町・東元町にある国分寺跡。指定名称は「武蔵国分寺跡 附東山道武蔵路跡(つけたりとうさんどうむさしみちあと)」。古多摩川によって形成された武蔵野および立川の両段丘上にまたがって所在。741年(天平13)の国分寺・尼寺創建の詔(みことのり)に基づいて諸国に設置されたものの一つで、その変遷は創建期(8世紀代)・整備拡充期(9世紀代、七重塔再建)・衰退期(10世紀代から11世紀代)の3期に分けられる。1956年(昭和31)以降実施された発掘調査の結果、東西8町(872m)、南北5町(545m)の寺地が判明し、その中央北寄りの寺域および南西隅の尼寺地域の配置や東山道などが確認された。1922年(大正11)に「東山道武蔵路跡」を附として国の史跡に指定され、2006年(平成18)には寺域を画する築地の部分と尼寺の伽藍(がらん)の一部が追加指定された。国分寺境内にある武蔵国分寺跡資料館に出土した古瓦や土器、国分寺の復元模型などを展示。JR中央本線ほか国分寺駅から徒歩約18分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

武蔵国分寺跡の関連キーワード東京都国分寺市国分寺(市)寺域

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android