国歌大観(読み)コッカタイカン

デジタル大辞泉の解説

こっかたいかん〔コクカタイクワン〕【国歌大観】

和歌索引書。正続各2冊。松下大三郎渡辺文雄編。正編は明治34~36年(1901~1903)刊。続編は大正14~15年(1925~1926)刊。正編は万葉集二十一代集や物語・日記などの和歌を、続編は私家集の和歌を主として収録し、各句索引をつけたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国歌大観【こっかたいかん】

松下大三郎,渡辺文雄共編の和歌索引書。1901年―1902年刊。歌集部と索引部とからなり,古歌の一部分から一首全体や出典を求めることができる。《続国歌大観》は松下の編集で1925年―1926年に刊。また,1983年―1992年,旧大観の3倍の歌数を収録する,編集委員会制による《新編国歌大観》全5巻10冊が刊行された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こっかたいかん【国歌大観】

和歌索引。(1)1901年より松下大三郎・渡辺文雄の編で正編が,25年より松下の編で続編が刊行された。おのおの歌集部と索引部から成る。正編に《万葉集》,二十一代集など,続編は六家集,《三十六人集》などを収める。所収の歌のすべてに番号を付し,正編では5・7・5・7・7のおのおのの句を,続編では上句下句を五十音順に配し,検索できるようにした。番号は以降の出版物に襲用され,国文国語の研究に画期的な寄与をした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こっかたいかん【国歌大観】

和歌索引。1901年(明治34)刊。松下大三郎編。歌集部は、万葉集・二十一代集・新葉集・日記・物語歌集などを収める。索引部は句別索引で、古歌の一句からその全体・作者・出典を求めるのに便利。 → 続国歌大観

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国歌大観
こっかたいかん

和歌索引書。正続各2冊、ともに歌集部と索引部からなる。編者は正篇(へん)は松下大三郎、渡辺文雄、続篇は松下大三郎。監修者は木村正辞(まさこと)、落合直文(なおぶみ)ら5人。正篇は1901~03年(明治34~36・教文館)、続篇は25~26年(大正14~15・紀元社)に刊行。のち正続とも31年(昭和6・中文館)、51年(昭和26・角川書店)に刊行。歌集部は正に二十一代集、『万葉集』、『新葉和歌集』、歴史歌集、日記草子歌集、物語歌集の53種、続に六家集、歌仙歌集、諸歌集、私撰(しせん)集、歌合(うたあわせ)の113種を収録し、各歌頭に番号を付す。索引部は、正は各句に分解、続は初句と第四句のみだが、それぞれ五十音順に配列し、その下に書名、歌集名と歌番号を付す。したがって和歌の一部から、一首全体、作者、出典などを検索するのにきわめて便利で、規模の大きさとも相まって、国文学研究を画期的に進歩させるうえで果たした役割は高く評価される。なお、『新編国歌大観』5巻(全10冊)が1983年角川書店から刊行されている。第1巻勅撰集編、第2巻私撰集編(ともに1983、以下毎年1巻)、第3巻私家集編、第4巻私家集編、定数歌編、第5巻歌合編、物語・日記・説話収録歌編からなり、とくに第2巻以降は新収録作品をきわめて大量に加えて従来の面目を一新している。[橋本達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android