国重(読み)クニシゲ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

くにしげ【国重】

香川の日本酒。酒名は、全国新酒鑑評会で13年連続金賞を受賞した国重弘明杜氏に由来。吟醸酒純米酒などをラインナップ。味わいは辛口。原料米はオオセト、さぬきよいまい。仕込み水は綾川の伏流水。蔵元の「綾菊酒造」は寛政2年(1790)創業。所在地は綾歌郡綾川町山田下。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

国重(くにしげ)

香川県、綾菊酒造株式会社の製造する日本酒。吟醸酒、純米酒などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

くにしげ【国重】

南北朝時代の山城の刀工。長谷部派の祖。相州風の皆ひたつら焼刃が特徴。短刀が多い。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くにしげ【国重】

刀工。長谷部氏を称す。初代。南北朝時代を代表する京鍛冶の一人で、一説に本国を大和といい、相州正宗十哲の一人にかぞえられている。作風は相州伝の皆焼刃(ひたつら)である。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国重の関連情報