コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圏構造 けんこうぞう

世界大百科事典 第2版の解説

けんこうぞう【圏構造】

圏または圏域とは地理学の学術用語として用いられる地域とほぼ同じ意味で,全体として一体性をもつ空間をいう。その一体性は,圏域の構成部分がなんらかの共通性をもつか,またはなんらかの中心に対して相互に結び合わさっているかによる。例えばイスラムを主として信じている国をまとめてイスラム圏という場合は前者の例であり,東京を中心として結びあっている範囲を首都圏とよぶのは後者の例である。 圏のまとまりが,どのような構造になっているかに着目して圏構造の言葉が使われるが,それは,とくに一つの中心によって結び合っている場合にいわれることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

圏構造の関連キーワード衛星都市孤立国

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圏構造の関連情報