園 正造(読み)ソノ マサゾウ

20世紀日本人名事典の解説

園 正造
ソノ マサゾウ

大正・昭和期の数学者 京都大学名誉教授;京都府立大学長。



生年
明治19(1886)年1月1日

没年
昭和44(1969)年11月24日

出生地
京都府京都市

学歴〔年〕
京都帝国大学理工科大学数学科〔明治43年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔大正8年〕

主な受賞名〔年〕
文化功労者〔昭和43年〕

経歴
京大講師、助教授を経て、大正10年教授。京都の麒麟児と仰がれた莫才で、現代の抽象数学の先鞭をつけた。学位論文「合同について」で、数学界の群論研究の草分けとなるとともに、その独創性により、昭和43年文化功労者に選ばれた。退官後京都府立大学長。著書に「群論」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

園 正造 (その まさぞう)

生年月日:1886年1月1日
大正時代;昭和時代の数学者。京都大学教授;京都府立大学長
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android