コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方寧 ひじかたやすし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土方寧
ひじかたやすし

[生]安政6(1859).2.12. 土佐
[没]1939.5.18. 中国,天津
法学者。 1882年東京大学卒業,翌年助教授となり,87年イギリスに留学。 91年帰国して東京大学教授,1925年に退官するまで,英法民法の講義を担当した。日本における英法学の樹立は彼の力によるもので,その門下から多くの英法学者が輩出した。また同志をつのって 1885年英吉利法律学校 (中央大学前身) を創立。 93年以来法典調査会の委員として,民法,商法不動産登記法などの立法に関与した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方寧 ひじかた-やすし

1859-1939 明治-昭和時代前期の法学者。
安政6年2月12日生まれ。民法を専攻し,イギリスに留学。明治24年帝国大学教授となり,44年東京帝大法科大学長。英法の研究に道をひらいた。18年開校の英吉利(イギリス)法律学校(現中央大)の創立者のひとり。大正11年貴族院議員。昭和14年5月18日死去。81歳。土佐(高知県)出身。東京大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土方寧
ひじかたやすし
(1859―1939)

民法・イギリス法学者。土佐(高知県)に生まれ、東京大学法学部を卒業した。1883年(明治16)同大学の助教授となり、1887年にはイギリスに留学し、バリスター(法廷弁護士)の資格をとった。1891年帰国し、教授に進み、1925年(大正14)までその職にあった。民法典編纂(へんさん)以後の、わが国におけるイギリス法研究の代表的存在とされる。また、1885年には、英吉利法律学校(イギリスほうりつがっこう)(現在の中央大学)の創立に力を尽くした。1939年(昭和14)北支派遣軍慰問中、天津(てんしん)に客死した。著書に『英国契約法』(1887)、『英国流通証券法』(1888)がある。[堀部政男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

土方寧の関連キーワード土方成美堀部政男

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android