コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土方寧 ひじかたやすし

3件 の用語解説(土方寧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土方寧
ひじかたやすし

[生]安政6(1859).2.12. 土佐
[没]1939.5.18. 中国,天津
法学者。 1882年東京大学卒業,翌年助教授となり,87年イギリスに留学。 91年帰国して東京大学教授,1925年に退官するまで,英法と民法の講義を担当した。日本における英法学の樹立は彼の力によるもので,その門下から多くの英法学者が輩出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土方寧 ひじかた-やすし

1859-1939 明治-昭和時代前期の法学者。
安政6年2月12日生まれ。民法を専攻し,イギリスに留学。明治24年帝国大学教授となり,44年東京帝大法科大学長。英法の研究に道をひらいた。18年開校の英吉利(イギリス)法律学校(現中央大)の創立者のひとり。大正11年貴族院議員。昭和14年5月18日死去。81歳。土佐(高知県)出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土方寧
ひじかたやすし
(1859―1939)

民法・イギリス法学者。土佐(高知県)に生まれ、東京大学法学部を卒業した。1883年(明治16)同大学の助教授となり、1887年にはイギリスに留学し、バリスター(法廷弁護士)の資格をとった。1891年帰国し、教授に進み、1925年(大正14)までその職にあった。民法典編纂(へんさん)以後の、わが国におけるイギリス法研究の代表的存在とされる。また、1885年には、英吉利法律学校(イギリスほうりつがっこう)(現在の中央大学)の創立に力を尽くした。1939年(昭和14)北支派遣軍慰問中、天津(てんしん)に客死した。著書に『英国契約法』(1887)、『英国流通証券法』(1888)がある。[堀部政男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土方寧の関連キーワード久世通章二条基弘伊東紅雲中川泉三原恒太郎弘田長松平直平三代芳松山崎治敏渡辺俊雄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone