在原氏(読み)ありわらうじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

在原氏
ありわらうじ

平城天皇(へいぜいてんのう)の皇胤(こういん)。高岳親王(たかおかしんのう)の系統と阿保親王(あぼしんのう)の系統との2流に分かれる。薬子(くすこ)の変(810)で皇太子を廃された高岳親王の子らに在原朝臣(あそん)を賜姓したのち、826年(天長3)阿保親王の要請により、その男女に在原氏を賜った。阿保親王の子在原行平(ゆきひら)は正三位(しょうさんみ)中納言(ちゅうなごん)に至り、その弟業平(なりひら)は在五中将(ざいごちゅうじょう)を称され、『伊勢物語(いせものがたり)』の主人公として著名である。後世栄えるのは業平の子孫である。「在原氏系図」が知られ、『続群書類従』にとられている。

[森田 悌]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

在原氏【ありわらうじ】

〈ありはらうじ〉とも。嵯峨(さが)天皇のとき,廃太子高岳(たかおか)親王の子女に在原朝臣(あそん)を賜姓。次いで高岳親王の兄弟阿保(あぼ)親王が上表し,子の行平,業平(なりひら),守平,仲平は在原朝臣となり,六歌仙の一人業平の子孫が後まで栄えた。政治的には藤原氏に押され,振るわなかった。→在原業平

在原氏【ありはらうじ】

在原氏(ありわらうじ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

在原氏
ありわらうじ

平安初期の皇族賜姓の一つ
平城天皇の皇子高岳 (たかおか) 親王・阿保親王の子女に在原姓が賜姓された。阿保親王の子行平は中納言まで進み,大学別曹奨学院を創設。行平の弟業平 (なりひら) は六歌仙の一人として著名。政治的には藤原氏に押され不振であった

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ありわらうじ【在原氏】

平安時代の氏族。平城天皇をとする。平城上皇をめぐって810年(弘仁1)に起こった〈薬子の変〉によって皇太子地位を追われた高岳(丘)親王の子善淵王・安貞王が,朝廷に申請して在原朝臣の姓を賜ったことにはじまる。ついで高丘親王の兄弟阿保親王の申請によって,その子行平王・業平王らも826年(天長3)在原朝臣となった。皇子への賜姓はこれより先814年(弘仁5)嵯峨天皇がその男女に源朝臣を賜ったほか,前後に多くみられるが,在原氏の場合は,平城上皇の失脚によって政治的に困難な立場にあった事情が考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android