コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方事務官 ちほうじむかん

3件 の用語解説(地方事務官の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方事務官
ちほうじむかん

都道府県において,知事の指揮監督のもとに,政令で定められる一定の事務 (社会保険,職業安定など) を処理するためにおかれるが,国家公務員であり,その選任権が国に属する公務員。通常の機関委任事務には地方公務員が従事するのであるが,特に国家公務員たる身分をもつ職員に従事させるもので,原則的な国家公務員および地方公務員の双方の制度に対して例外を成す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちほうじむかん【地方事務官】

第2次世界大戦後の地方制度改革の結果,都道府県庁に勤務する職員は,原則としてすべて地方公務員という身分に切り換えられた。だが,例外として政令に定められた特定の仕事に従事する職員の身分は,〈当分の間〉という条件の下に国家公務員とされた。このような職員を地方事務官と総称する。地方事務官の定員は2万1082人であり,健康保険厚生年金など社会保険事務に従事する者1万5765人,職業安定・雇用保険事務に従事する者2349人,自動車の検査・登録事務に従事する者2968人である(1981)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちほうじむかん【地方事務官】

特定の仕事に従事するため、都道府県庁に勤務する国家公務員。健康保険法・職業安定法・道路運送法などの施行に関する事務を行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方事務官の関連キーワードセイム地方制度世界大戦福祉社会社会保障制度改革推進法第三次世界大戦秘史BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone