コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震防災対策強化地域判定会 じしんぼうさいたいさくきょうかちいきはんていかい

2件 の用語解説(地震防災対策強化地域判定会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震防災対策強化地域判定会
じしんぼうさいたいさくきょうかちいきはんていかい

地震予知情報の発表に関する判断を行なうために,気象庁長官が委嘱する専門家の会。大規模地震対策特別措置法に定められる。6人の地震予知専門家からなり,東海地震(→東海地震モデル)を対象とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

地震防災対策強化地域判定会

大規模地震対策特別措置法に基づき、地震予知情報の発表に関する判断を行うために設けられた、気象庁長官の私的諮問機関。東京周辺に住む大学教授ら6人からなり、気象庁が常時監視している東海地域の地震予知観測データに基準を超える異常が検出されると、気象庁長官が判定会の招集を要請し、判定会長が直ちに招集、データを検討する。判定結果をもとに、気象庁長官は地震予知情報を直ちに総理大臣に報告、閣議を経て警戒宣言が発令される。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地震防災対策強化地域判定会の関連情報