コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震防災対策強化地域判定会 じしんぼうさいたいさくきょうかちいきはんていかい

2件 の用語解説(地震防災対策強化地域判定会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震防災対策強化地域判定会
じしんぼうさいたいさくきょうかちいきはんていかい

地震予知情報の発表に関する判断を行なうために,気象庁長官が委嘱する専門家の会。大規模地震対策特別措置法に定められる。6人の地震予知専門家からなり,東海地震(→東海地震モデル)を対象とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

地震防災対策強化地域判定会

大規模地震対策特別措置法に基づき、地震予知情報の発表に関する判断を行うために設けられた、気象庁長官の私的諮問機関。東京周辺に住む大学教授ら6人からなり、気象庁が常時監視している東海地域の地震予知観測データに基準を超える異常が検出されると、気象庁長官が判定会の招集を要請し、判定会長が直ちに招集、データを検討する。判定結果をもとに、気象庁長官は地震予知情報を直ちに総理大臣に報告、閣議を経て警戒宣言が発令される。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地震防災対策強化地域判定会の関連キーワード大規模地震対策特別措置法地震防災対策特別措置法警戒宣言大規模地震大震法特別措置法東南海・南海地震防災対策特別措置法強化地域地震対策と予知・予測石橋克彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地震防災対策強化地域判定会の関連情報