コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善徳寺 ぜんとくじ

百科事典マイペディアの解説

善徳寺【ぜんとくじ】

富山県城端(じょうはな)町(現・南砺市)にある真宗大谷派の寺。城端別院とも。文明(ぶんめい)年間(1469年―1487年)本願寺蓮如(れんにょ)が建てた坊舎に始まり,数度の移転の後現在地に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

善徳寺

富山県南砺市にある寺院。1471年創建。真宗大谷派別院。本尊の阿弥陀如来は行基の作といわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんとくじ【善徳寺】

富山県東砺波郡城端(じようはな)町にある真宗大谷派の寺。城端別院という。寺伝によると,本願寺8世蓮如が文明年間(1469‐87)に加賀・越中国境の砂子坂に開いた坊舎に始まるといい,ここに本願寺5世綽如の曾孫蓮真が入り,その子実円の代に寺号を許された。礪(砺)波郡南部の川上衆を率いて一向一揆に活躍したが,その間,山本,福光と寺基を転じ,1559年(永禄2),あるいは72年(元亀3)に,城端の荒木氏の請によって現在地に移った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

善徳寺の関連情報