塩水選(読み)エンスイセン

世界大百科事典 第2版の解説

えんすいせん【塩水選】

農作物の種子を一定の比重食塩水に浸し,液中での浮沈によって,しいな(),稔実不良種子を除き,稔実の良い種子を得る作業。比重が大きく,稔実の良い種子が播種後も出芽が良く,初期生育も旺盛で,多収となるため,種子の準備の際種子消毒などと併せて行われる。食塩水のほか,硫安塩化カリなどの水溶性の高い肥料,にがり水も用いられる。稲作では古くから唐箕(とうみ)選(風選),水選が行われていたが,1898年に近代農学の祖,横井時敬(ときよし)が塩水選の効用を科学的に立証し,普及,奨励につとめたため,今日では作だけでなく,麦作などでも広く実行されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんすいせん【塩水選】

比重によって稲・麦などの種子を選別する方法。塩水に種子を入れ、沈んだ実入りのよいものだけを種籾たねもみとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩水選
えんすいせん

よい種子を選ぶための比重選の一つ。種子の外殻に対する中身の充実の程度を、食塩や硫酸アンモニウムの一定比重溶液につけてその浮沈によって選別するもので、種子の真の比重による選別とは異なる。とくにイネの種もみを選ぶ場合に広く行われている。よく実った重いもみほど胚(はい)が大きく、胚乳養分量も多い。このようなもみは発芽の勢いが強く、初期の生育が優れているため、種もみとするのに好ましい。塩水選に用いる溶液の比重は、作物の種類によって異なる。うるち稲には比重1.13(水1リットルに食塩約250グラム)、もち稲や芒(のぎ)のあるうるち稲、陸稲などには比重1.08~1.10(水1リットルに食塩約170~180グラム)の塩水を用いる。種子の約2倍量の塩水に浸し、かき混ぜて、浮いた種子は捨て、沈んだ種子を用いる。塩水選後は種子をよく水洗いする。イネのほかコムギ、オオムギその他の作物でも塩水選が行われる。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えんすい‐せん【塩水選】

〘名〙 稲、麦などで、もみがらをかぶった種子の良否選別方法の一つ。塩水の中に種子を入れ、浮かんだのは取り去り、沈んだ実入りのよいものを種籾(たねもみ)にする。
※稲熱病(1939)〈岩倉政治〉二「種籾をおろす前の塩水撰(エンスヰセン)を、あの『愛国』だけ〈略〉えらい厳重にやったがと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の塩水選の言及

【選種】より

…(2)篩(し)選 ふるいを用いて,種子より大きい夾雑物または種子より小さい砂粒などを除く方法である。(3)塩水選 充実のよい種子と悪い種子を一定濃度の食塩水中に入れて,沈むもの(充実良)と浮くもの(充実不良)に分ける方法である。溶かす食塩の量によって食塩水の比重を変えることができる。…

※「塩水選」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android