コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選種 せんしゅselection of seeds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選種
せんしゅ
selection of seeds

収穫した種子のなかから,破損種子,土砂,茎葉などの夾雑物,他の植物の種子などを除いて,系統的純正を保存し,生理的機能の完全な種子を選別する作業。方法には,肉眼選,篩 (ふるい) 選,風選,水選,塩水選などがある。またこれらの方法を組合せて,水選後に乾燥させ,さらに風選する方法なども用いられる。しかし,肥痩軽重などの外形的特徴による選別は,選別される種子が系統的にほぼ純正であるとき初めて意義がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんしゅ【選種 seed selection】

種まき前に不良な種子や夾雑(きようざつ)物を取り除き,健全で充実した種子だけを選び出す作業。種子の良否を評価する尺度はいろいろあるが,その種子を用いたときに発芽・苗立ちが良く,その後の生育が良好で,個体間のそろいも良く,多収の得られるものが良い種子とされる。出発点となる発芽については,種子の充実度,種子の齢(新旧),休眠の程度,病虫害の有無などの要因が関連する。種子は通例,前年産の新しいものの発芽率が高く,年数を経るに従って発芽力を失うが,低温・低水分の条件下で貯蔵することによって寿命を伸ばすことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

選種
せんしゅ

種播(ま)きの前に、異種子の混入や夾雑物(きょうざつぶつ)を除き、病虫害のない健全な種子、よく充実した重い種子を選別調製すること。選種には次のような方法がある。(1)篩選(ふるいせん) 篩を用いて一定の大きさより小さいもの、あるいは大きいものを除く。混入異種子や石などを除くのに有効である。(2)風選(ふうせん) 風により軽い種子を吹き飛ばして重い種子を選ぶ。イネ、ナタネなど多くの作物について、唐箕(とうみ)などを用いて風選が行われる。粃(しいな)(十分に実っていないもみ)や莢(さや)、殻の破片、もみ殻、茎葉片などが除去される。(3)水選 水に浸(つ)けて浮いた未熟種子や茎葉片などを除去する方法。(4)塩水選 比重選ともいい、塩水に種子を浸けて浮いたものを除く。塩水の濃度によって比重選の強度を自由に変えることができる。食塩、岩塩、硫安などが用いられる。一例を示すと、風選を済ませた水稲粳(うるち)は比重1.13の液を用いる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

選種の関連キーワード船津伝次平(ふなつでんじへい)山内四郎左衛門古市与一郎神谷与平治船津伝次平横井 時敬斎藤 司横井時敬児島如水奈良専二農談会種まき斎藤司イネ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android