塩江[町](読み)しおのえ

百科事典マイペディアの解説

塩江[町]【しおのえ】

香川県南部,香川郡の旧町。讃岐(さぬき)山脈の北斜面,香東(こうとう)川の上流域を占め,米のほか,野菜,茶,シイタケ,クリなどを産し,林業も行う。古くから有名な塩江温泉(硫化水素泉,18℃)があり,付近には内場(ないば)ダムがある。2005年9月高松市へ編入。80.10km2。3660人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおのえ【塩江[町]】

香川県南部,香川郡の町。人口3727(1995)。讃岐山脈の最高峰竜王山や大滝山の北斜面,香東川の源流部に位置し,町域の大半は山林で占められる。集落は徳島県穴吹町へ通じる塩江街道(国道193号線)沿いに発達,中心は安原下(やすはらしも)である。花卉,茶,抑制野菜の栽培や,淡水魚養殖が盛んで,自然休養村に指定されてからは観光農業の振興も図られている。高松市奥座敷といわれる塩江温泉(単純硫化水素泉,18℃),讃岐平野の用水・洪水調節用の内場(ないば)ダム(1953完成)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android