コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩見岳 しおみだけ

6件 の用語解説(塩見岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩見岳
しおみだけ

長野・静岡県境にある山。赤石山脈の主峰の1つ。標高 3047m。山頂は結晶片岩の2つの岩峰に分れる。北方への斜面はけわしく,岩石の絶壁が続き高山植物の群落がある。山頂から汐 (太平洋) が見えることもあるというのが名称の由来ともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しおみ‐だけ〔しほみ‐〕【塩見岳】

静岡・長野の県境にある、赤石山脈南アルプス)中部の高峰。標高3047メートル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

塩見岳【しおみだけ】

長野県,静岡県の境にある山。標高3047m。赤石山脈のほぼ中央に位置する。麓の鹿塩温泉では塩水が噴出し,明治時代には製塩業も行われていた。南アルプス国立公園に属し,日本百名山にも選ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおみだけ【塩見岳】

赤石山脈中部,長野・静岡県境にある山。標高3047m。かつては間(あい)ノ岳と呼ばれていた。山頂は西側に天狗岩,東側に北俣岳の岩峰を従えた端麗な双耳峰で,三角点は西峰にある。山頂から森林限界まで比高約400mの間は露岩,がれ場となり,乾性の高山植物が岩陰に群落をなしている。中生代の変質した黒色泥岩からなり,特に北壁は〈塩見岳バットレス〉の別称もあるほどの荒涼たる絶壁である。一方,北俣岳から蝙蝠(こうもり)岳にかけての山稜は緩やかで展望もよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(静岡県)〕塩見岳(しおみだけ)


長野・静岡県境、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)の中央部に位置する山。標高3047m。南アルプス国立公園に属す。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。南麓(なんろく)の谷の西俣(にしまた)は大井(おおい)川源流の一つ。山頂付近は裸地が広く、タカネマンテマなど南アルプス特有の高山植物がみられる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩見岳
しおみだけ

長野・静岡県境、赤石(あかいし)山脈の中央部にある山。同山系の3000メートル以上の九高山の一つ。標高3047メートル。南アルプス国立公園内にある。森林限界から上の山頂一帯は特別保護地区に指定されている。また、山頂から太平洋が見えるため「汐(しお)の見える山」としてこの名がある。西の本谷(ほんたに)山と北の北荒川岳の中間に位置し、ほぼ東西の稜線(りょうせん)をもつ。南側は大井川源流の一つである西俣(にしまた)が落ち込み、北側は三峰(みぶ)川が大きく湾曲しながら山脚をえぐる。南の荒川岳にはカール、モレーンなどの氷食地形があるが、この山では雪食地形が報告されているにすぎない。塩見岳の登山路は、鳥倉から三伏(さんぷく)峠に出て本谷山から塩見小屋、塩見岳へ至るのが一般的。ただし往復13時間(休憩含まず)、標高差約1300メートルあり経験者向きである。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塩見岳の関連情報