コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境峠 さかいとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

境峠
さかいとうげ

長野県西部,木祖村松本市にある峠。標高 1486m。近世まで信濃と美濃の境と考えられていたことが名称の由来。太平洋側に流れる木曾川の上流と,日本海側に流れる梓川の支流奈川分水界をなす。飛騨街道 (木曾街道) が通り,木曾谷北半部の開発に大きな影響を与えた。交通路としての重要性は昭和期に入ると薄れたが,周辺にはカラマツの林が広がり,木曾駒ヶ岳乗鞍岳の眺めがよく,多くの別荘地が開かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

境峠の関連キーワード木祖(村)小本川鳥井峠藪原

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android