コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墓地・埋葬等に関する法律 ぼち・まいそうとうにかんするほうりつ

1件 の用語解説(墓地・埋葬等に関する法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墓地・埋葬等に関する法律
ぼち・まいそうとうにかんするほうりつ

昭和 23年法律 48号。墓地,納骨堂または火葬場の管理および埋葬などが,国民の宗教的感情に適合し,かつ公衆衛生公共の福祉の見地から支障の起らないように行われることを目的とする法律。埋葬,火葬,改葬は,市町村長の許可を,墓地,納骨堂,火葬場の経営には,都道府県知事の許可を受けさせ,監督規定を設けている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墓地・埋葬等に関する法律の関連キーワード共同墓地骨堂納骨堂寺院墓地納骨堂の悪魔納骨堂の奥に森林整備法人が所管している森林森林組合加入者面積墓地,埋葬等に関する法律ニチリョク

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone