壬生通り(読み)ミブドオリ

百科事典マイペディアの解説

壬生通り【みぶどおり】

日光道中小山(おやま)宿(栃木県小山市)の北の喜沢(きざわ)村から分岐し,北上して今市宿(現同県日光市)の東端で再び日光道中に合するまでの約30kmの街道。日光道中壬生通り,日光西街道ともいう。道筋は喜沢村から分岐後,飯塚宿,壬生宿を経て,楡木(にれぎ)宿で日光例幣使街道を合わせ,奈佐原(なさはら)宿,鹿沼宿,文挟(ふばさみ)宿,板橋宿を経て今市宿に至る。この道筋は中世から利用され,鎌倉街道の一つであったと推定される。1617年徳川家康の日光廟が造営されたとき,この通りを使って資材が運ばれた。その後宇都宮経由の日光道中が整備され本通りとなったが,壬生通りは距離も近いため,日光道中と同じ扱いをされた。1696年には日光道中と同時に定助郷(じょうすけごう)が定められた。今市を経て南奥羽ともつながり,商品の流通路としても重要であった。小倉(こぐら)村(現日光市)から今市宿の日光道中との合流点まで続く杉並木は,17世紀前半に松平正綱によって植えられたもので,現在も美しい景観を残す。
→関連項目宿村大概帳壬生[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みぶどおり【壬生通り】

日光道中小山宿(現,栃木県小山市)の北の喜沢(きさわ)から分かれ,飯塚,壬生を経,楡木(にれぎ)で日光例幣使街道と合い,奈佐原,鹿沼,文挟(ふばさみ),板橋の7宿を通り,今市(現,栃木県今市市)で再び日光道中に合流する約30kmの街道。渡良瀬川支流の思川から黒川に沿って北上する道で,1617年(元和3)日光山に徳川家康廟(のちの東照宮)が造営されたとき,その資材が乙女河岸(現,小山市)で陸揚げされて送られた道で,江戸から日光に向かうのに当初から使われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android