コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏島貝塚 なつしまかいづか

7件 の用語解説(夏島貝塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏島貝塚
なつしまかいづか

神奈川県横須賀市夏島町にある,縄文時代早期の貝塚。撚糸文,沈線文,条痕文などの土器のほか,石器,骨角器を出土した。早期文化の編年上重要な遺跡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なつしま‐かいづか〔‐かひづか〕【夏島貝塚】

神奈川県横須賀市にある縄文時代早期の貝塚。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

夏島貝塚【なつしまかいづか】

神奈川県横須賀市夏島町にある縄文(じょうもん)早期の遺跡。貝層は,海水産の貝からなり,厚さ約1.5mで,6層に分かれ,各層から早期の土器が出土した。最下層から撚糸文(よりいともん)土器(夏島式土器と命名)が出土し,撚糸文土器が古いものであることを層位的に示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なつしまかいづか【夏島貝塚】

神奈川県横須賀市夏島町夏島にある縄文時代早期の遺跡。海軍要塞の埋立工事によって三浦半島陸続きになった夏島の北東斜面に位置する。標高は約20m。カキ,ハイガイが主体の純鹹(じゆんかん)貝塚で,1950年,55年の2回にわたって発掘調査が行われた。遺物包含層の厚さは約1.5mあり,三つの貝層を含む六つの層に早期各型式の遺物が包含されていた。この包含層の上下関係により,撚糸文系土器の井草式,大丸式と夏島式,および撚糸文系土器と平行沈線文系土器の新旧関係が明確になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なつしまかいづか【夏島貝塚】

神奈川県横須賀市にある縄文早期の貝塚。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

なつしまかいづか【夏島貝塚】


神奈川県横須賀市夏島町にある縄文時代の貝塚遺跡。三浦半島の東京湾に面した海岸寄りに位置する。かつては島だったが、旧日本軍の基地となって以来埋め立てが行われ、現在は陸続きになっている。1950年(昭和25)と1955年(昭和30)の2回にわたる発掘調査で、貝塚は島の南部と東斜面の3ヵ所に存在し、日本最古の貝塚の一つであることが確認された。1972年(昭和47)に国の史跡に指定。貝塚は関東ローム層上に堆積しており、縄文時代早期の遺物が層位的に検出され、とくに下層から出土した土器の一群には「夏島式土器」の名称がつけられて標式遺跡となった。貝層下のローム層の上面からは炉跡が発見され、遺物散布地も認められるため、住居跡の存在も想定されている。明治大学博物館に遺物が収蔵・展示されている。京浜急行本線追浜駅から横浜京急バス「夏島」下車、徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏島貝塚
なつしまかいづか

三浦半島の基部、神奈川県横須賀(よこすか)市夏島町にある縄文遺跡。夏島は大正の初年までは海中に浮かぶ小島であったが、現在は周囲が埋め立てられ、工場などが並ぶ。貝塚は標高約50メートルの島の東端近くにあり、東西14メートル、南北13メートルほどの規模をもつ。1950、55年(昭和25、30)の2回にわたり、明治大学考古学研究室による調査が行われ、その大半が発掘された。中間に土層を挟んで三つの貝層が整然と堆積(たいせき)し、早期の各型式の土器(井草(いぐさ)式、大丸(だいまる)式、夏島式、田戸(たと)下層式、田戸上層式、子母口(しぼぐち)式、茅山(かやま)式など)が層位的に出土した。この貝塚の主体をなす夏島式土器には、礫器(れっき)、石鏃(せきぞく)、石皿、骨鏃(こつぞく)、骨製の尖頭(せんとう)器、鹿角(ろっかく)製の釣り針、貝輪などが伴出した。夏島層出土の木炭と貝殻によるC‐14年代の測定は約9000年前という数値を示し、大きな話題をよんだことがある。島の他の地点には、別の貝塚も存在する。史跡。[岡本 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夏島貝塚の関連キーワード神奈川県横須賀市秋谷神奈川県横須賀市阿部倉神奈川県横須賀市上町神奈川県横須賀市武神奈川県横須賀市泊町神奈川県横須賀市夏島町神奈川県横須賀市野比神奈川県横須賀市平作神奈川県横須賀市深田台神奈川県横須賀市本町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夏島貝塚の関連情報