コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外貨集中制度 がいかしゅうちゅうせいどforeign exchange concentration system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外貨集中制度
がいかしゅうちゅうせいど
foreign exchange concentration system

対外取引により取得する一国の外貨を,政府あるいは外国為替銀行に集中させる制度のこと。本制度には全面集中制持高集中制 (→為替持高 ) とがあり,前者が取得外貨の全面政府集中をさすのに対し,後者は銀行,商社などに一定の枠内で外貨の手持ちを許すものである。日本でも第2次世界大戦後長期にわたり全面集中制が行われてきたが,その後外貨準備の増大を背景に規制が緩和化され,持高集中制移行を経て,1972年5月より廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がいかしゅうちゅう‐せいど〔グワイクワシフチユウ‐〕【外貨集中制度】

為替管理の一。貿易業者などが輸出その他によって得た外貨を、政府または為替銀行へ集中させる法制度。全面集中制と持ち高集中制がある。外国為替集中制度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がいかしゅうちゅうせいど【外貨集中制度】

為替管理の一方式。国際収支上の理由から,通貨当局外国為替取引に厳格な管理を行って,対外決済手段である外貨の集配機構を営む場合,多くの国は,その国の輸出業者などが受け取った外貨を一定期間内に外国為替銀行ないし通貨当局に売り渡す義務を課している。これを外貨集中制度と呼び,その集中の程度の強弱によって通常次の三つに大別される。(1)全面集中制 すべての受取り外貨を通貨当局に売り渡すことを義務づける制度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外貨集中制度
がいかしゅうちゅうせいど

為替(かわせ)管理の一方法で、貿易業者などが輸出その他によって取得した外貨を法律によって政府あるいは外国為替銀行に集中する制度。もっとも厳しいのは全面集中制であり、外国為替銀行や商社などが取得した外貨はすべて政府に集中させる。その際、業者が必要とする外貨は、順位をつけて割り当てられる。為替管理が緩和されるにしたがい、外国為替銀行、商社、海運会社、保険会社などに一定の枠内で外貨の手持ちを認め、その運用を許す持高集中制へ移行する。日本では第二次世界大戦後、外貨が乏しかったので全面集中制がとられていたが、1952年(昭和27)に緩和されて持高集中制へ移行した。さらに外貨準備高の増加により、72年5月には外貨集中制度の廃止に踏み切ったが、外国為替銀行に対しては、より緩やかな持高規制が実施された。[土屋六郎]
 1998年(平成10)外国為替業務を自由化する「外国為替及び外国貿易法」(外為法)の改正が行われ、外国為替銀行の制度も廃止となり、同時に持高規制もなくなった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の外貨集中制度の言及

【ドル】より

…通常,単にドルという場合はアメリカ合衆国の通貨,すなわち米ドルAmerican dollar(またはUS dollar)を指す。ドルはアメリカに所在する政府機関または金融機関が発行する短期債務のうち,通貨として通用するものをいう。これら短期債務とは,連邦準備銀行券(日本銀行券に相当),財務省証券,アメリカ国内の民間銀行における預金等のことである。ドルはアメリカ国内における国内通貨であり,また同時に世界において現在最も重要な国際通貨である。…

※「外貨集中制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外貨集中制度の関連キーワード為替の自由化外貨預金在外資金

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android