コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多度津[町] たどつ

世界大百科事典 第2版の解説

たどつ【多度津[町]】

香川県西部,仲多度郡の町。人口2万3749(1995)。神功皇后が〈三韓征伐〉のとき寄港したところといわれ,江戸時代は金刀比羅(ことひら)参詣客の上陸港として東隣の丸亀港とともに栄えた。1889年に丸亀~多度津~琴平間に県下最初の鉄道が開通し,その後予讃線,土讃線の分岐点として鉄道交通の要衝となり,国鉄(現JR)多度津工場,四国電力火力発電所などができた。1974年に町単独による海岸埋立工事が完成し,臨海工業地区が形成された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

多度津[町]の関連キーワード金刀比羅宮

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android