コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大前田英五郎 おおまえだえいごろう

8件 の用語解説(大前田英五郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大前田英五郎
おおまえだえいごろう

[生]寛政5(1793).上野,大前田
[没]1874. 上野,大前田
江戸時代末期の侠客。姓は田島。関東第一の盟主として博徒から仰がれた。代々百姓で,名主の家柄であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおまえだ‐の‐えいごろう〔おほまへだ‐エイゴラウ〕【大前田英五郎】

[1793~1874]江戸末期の博徒(ばくと)。上野(こうずけ)国勢多郡宮城村大前田(現前橋市)の人。15歳で地元の博徒を殺して逃走。のちに名古屋を中心に勢力をもった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大前田英五郎【おおまえだえいごろう】

幕末維新期の博徒。上州勢多(せた)郡大前田村の名主の子に生まれたが,博徒となり人を殺して逃走。諸国を転々としたが関東取締出役に捕らえられ佐渡へ流された。のち島破りをして郷里に帰り目明しを勤める。
→関連項目博徒

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大前田英五郎 おおまえだ-えいごろう

1793-1874 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
寛政5年生まれ。25歳のとき博徒の久宮(くぐう)丈八を殺し逃走。のち尾張(おわり)名古屋藩に出入りを許され,名古屋を中心に東海道で勢力をふるう。十手をあずかり,大親分として賭場(とば)の仲裁役を主とした。明治7年2月26日死去。82歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。姓は田島。名は栄五郎ともかく。
【格言など】あらうれし行くさきとほき死出の旅(辞世,墓碑銘)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大前田英五郎

没年:明治7.2.26(1874)
生年:寛政5(1793)
江戸後期の侠客。本姓は田島氏。上野国(群馬県)勢多郡大前田村生まれ。祖父は名主を勤めたといわれるが,父久五郎が草相撲で鳴らした博徒であったため,15歳で縄張り争いに加わり,25歳のとき久宮丈八を殺しておたずね者となった。捕らえられ佐渡に流刑されるが,島抜けして尾張(名古屋)に勢力を張り,尾張藩の庇護を受ける二足草鞋の大親分となった。幕末期各地に族生した博徒同士の縄張り争いの仲裁役を本領とし,顔役として縄張りをもらっては勢力を拡大し,関東から東海地方にまで影響力を持ったといわれる。一貫してお上に立ち向かった武闘派博徒の国定忠治とは異なり,二足の草鞋をうまく使い分け,晩年は郷里大前田に帰って82歳の大往生を遂げた。上州の博徒関係者が建立した墓碑には「あらうれし行先とほき死出の旅」の辞世が刻まれている。

(高橋敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおまえだえいごろう【大前田英五郎】

1793‐1874(寛政5‐明治7)
幕末・維新期の博徒。本姓は田島。上野国勢多郡宮城村大字大前田の出身。名主の家柄だが,父久五郎,兄要吉ともばくち打であり,英五郎は博徒仲間としばしばけんかをし,相手を殺し逃走した。東海道諸国を転々としていたが,関東取締出役に捕らえられ,佐渡銀山の人足に送られるも島破りをし帰国した。諸国の博徒を支配下におき,十手を預かり目明しもしたが,大前田村自宅で没した。【森 安彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおまえだえいごろう【大前田英五郎】

1793~1874) 江戸末期の博徒。上野国勢多郡大前田村の人。賭博の罪で佐渡送りとなるが脱出、名古屋を中心に勢力を張った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大前田英五郎
おおまえだえいごろう
(1793―1874)

江戸末期の侠客(きょうかく)。上州大前田(群馬県前橋市大前田町(おおまえたまち))出身。姓は田島、名主の出だが、父も兄も博徒(ばくと)。15歳で人を殺して出奔、各地を転々とし、賭博(とばく)の罪で佐渡送りになるが、島破りの後、流浪のすえ名古屋を中心に博徒の親分として勢力を得た。旅から旅を重ねながらも多数の子分をもち、博徒仲間では重んじられ、郷里で病没した。墓碑に刻んだ「あらうれし行きさきしれぬ死出の旅」は、逮捕を恐れて一生を終わった博徒の辞世として趣(おもむき)がある。[稲垣史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大前田英五郎の関連キーワード北小路俊昌岳鳳加茂季鷹甚太七兵衛新場小安鐘弥左衛門半鐘八右衛門政五郎真虫次兵衛奴治兵衛

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大前田英五郎の関連情報