コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大子[町] だいご

百科事典マイペディアの解説

大子[町]【だいご】

茨城県北部,久慈(くじ)郡の町。久慈川上流の奥久慈地方を占め,河谷に主集落の大子,袋田などがあり,水郡(すいぐん)線,国道118号線が通じる。米,リンゴ,コンニャク,茶を産し,畜産も行う。久慈川の渓谷美は奥久慈観光名所の一つ。東日本大震災で,町内において被害が発生。325.76km2。2万73人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいご【大子[町]】

茨城県久慈郡の町。人口2万5604(1995)。県の北西端に位置し,栃木・福島両県と接する。八溝山地の山間部を占め,中央を久慈川が南流する。古くは依上(よりかみ)保の地域に含まれ,文禄年間(1592‐96)までは陸奥国白河郡に属した。久慈川と押川合流点に位置する中心集落の大子は,近世には南郷街道の宿場町として栄え,市が開かれていた。主産業は農業で,コンニャク,茶,タバコなどの栽培や畜産が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大子[町]の関連キーワード茨城県久慈郡

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android